富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

世界の空港ランキング、羽田空港が2位。「世界一清潔な空港」も受賞

羽田空港は「世界一の国内線空港」と「世界一バリアフリーな空港」も受賞した。

イギリスの航空サービス調査会社「スカイトラックス」は3月27日、世界の空港を格付けする「ザ・ワールズ・ベスト・エアポーツ・オブ・2019」を発表した。このランキングで羽田国際空港が2位、中部国際空港が7位、成田国際空港が9位と、国内の3つの国際空港がトップ10に入った。

1位にはランキング初の7年連続で、シンガポールのチャンギ国際空港だった。「世界一の空港ホテル」「世界一の空港内の娯楽施設」なども受賞した。

羽田空港は「世界一の国内線空港」「世界一清潔な空港」「世界一バリアフリーな空港」も受賞した他、成田空港が「世界一の空港職員」、中部空港が「世界一の地方空港」、関西国際空港が「世界一の荷物受取サービス」などと評価された。

「ザ・ワールズ・ベスト・エアポーツ・オブ・2019」トップ10位は以下の通り。

  1. チャンギ国際空港(シンガポール )
  2. 羽田国際空港(日本)
  3. 仁川国際空港(韓国)
  4. ハマド国際空港(カタール)
  5. 香港国際空港(香港)
  6. 中部国際空港(日本)
  7. ミュンヘン空港(ドイツ)
  8. ロンドン・ヒースロー空港(イギリス)
  9. 成田国際空港(日本)
  10. チューリッヒ空港(スイス)