富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

ワイヤレス充電が可能なモバイルバッテリーの魅力とおすすめ11選

ワイヤレス充電タイプのモバイルバッテリー「Qi」とは 無接点充電規格「Qi(チー)」に対応したスマホが近年では多く販売されており、コンセントに繋がなくても充電が可能であることは、もはや驚くほどの事実ではなくなっている。そんな中、モバイルバッテリーもQi対応したものが数多く登場している。スマホのコイルとモバイルバッテリー内のコイルを近づけることで充電をしているのがQiの仕組みだ。ワイヤレス化の波は今後も続いていくはずだ。 ワイヤレスタイプのモバイルバッテリーを選ぶ手順 ワイヤレスタイプのモバイルバッテリーを実際に検討する時、重視すると良いポイントをいくつかまとめる。 バッテリー容量で選ぶ まずはバッテリー容量だ。今お持ちのスマホとモバイルバッテリーの容量を見比べ「このスマホを何回フル充電できるか」という視点で選ぶことがおすすめである。バッテリー容量の単位は「mAh」。1時間(1h)あたりの電流量(mA)を意味する。スマホを仕事含め日常でよく使う方は「2回以上」フル充電できるモバイルバッテリーがおすすめだ。モバイルバッテリー自体の充電が切れてしまうとスマホの充電ができなくなってしまうため、モバイルバッテリー自体のバッテリー容量は選ぶ上で大切な指標だ。 出力の大きさで選ぶ 出力とは充電速度を表す指標で、出力が大きいほど「速く」充電することが可能。1.0A、1.5A、2.0Aと様々な種類がある。出力が大きいモバイルバッテリーがおすすめではある。これは安さや速さを求めない方も知っておいてほしいポイントである。 滑り止め加工の有無で選ぶ ワイヤレスタイプのモバイルバッテリー特有の指標としては「置いた後にスマホがズレにくいかどうか」も使い勝手に直結する要素だ。滑り止め加工がしてあったり、スマホを置く場所にくぼみがあったりと工夫を凝らしている商品がおすすめだ。 ケースを付けたままの充電可否で選ぶ 近づけなければならない「コイルの距離」にも各商品違いがある。本記事ではこれを「充電可能距離」と呼ぶことにする。例えば充電可能距離が短いと密着させなければ充電することができず、スマホのケースを付けたまま置いても充電ができないこともある。なるべく充電の手間を減らすためには、充電可能距離が「長い」ものを選びたいところである。 安全性で選ぶ 最近モバイルバッテリーからの発煙、発火が原因で起こる事故がニュースになっている。製品製造過程で安全性テストが不十分であったり、保管方法が不適切であったりするとこのような惨事を起こしかねない。最低限製造段階での技術基準になる「PSEマーク」がパッケージに記載されている商品がおすすめである。 他にも ・多重回路保護機能 ・安全制御システム ・高品質のリチウム電池 などの保護対策がされている商品は安全性が高いといえる。 おすすめのワイヤレスタイプのモバイルバッテリー11選 ここからは実際にワイヤレスでおすすめのモバイルバッテリーをいくつか紹介する。 Lakko モバイルバッテリー 商品名:Lakko モバイルバッテリー 12,000mAh メーカー名:Lakko バッテリー容量:12,000mAh 厚さは1.3cm、重さは180gと12,000mAhの大容量にしてはコンパクトで軽いモバイルバッテリー。鏡のような素材をボディに採用していて、高級感あふれるデザインになっている。最大3台を同時に充電することも可能。 CIO モバイルバッテリー 商品名:CIO モバイルバッテリー 12,000mAh メーカー名:CIO バッテリー容量:12,000mAh LEDも搭載されているモバイルバッテリー。カラーはメタルレッドとメタルシルバーの2色でどちらも金属の質感を再現したデザインである。 TOVAOON モバイルバッテリー 商品名:TOVAOON モバイルバッテリー 10,000mAh メーカー名:TOVAOON バッテリー容量:10,000mAh iPhone XSに約2.6回、iPhone 6に約5回、Galaxy S9に約2回半充電が可能な大容量モバイルバッテリー。同時に3台のデバイスを充電することができる。 Zikko モバイルバッテリー 商品名:Zikko モバイルバッテリー 10,000mAh メーカー名:Zikko(ジコ) バッテリー容量:10,000mAh 国内正規品でAmazonに取り扱いがあるモバイルバッテリーで、置く式ではなくスタンドに立てかける式。充電しながらスマホへの着信に気が付きやすいことがメリットである。 RLERON モバイルバッテリーW8 商品名:RLERON モバイルバッテリーW8 25,000mAh メーカー名:RLERON バッテリー容量:25,000mAh ワイヤレス充電ポートの他にUSBの差込口が3つあるので同時に4台を充電することができる。またLED懐中電灯もついているのでキャンプなどでも活躍の幅が広い。 PHILIPS|Qiワイヤレスモバイルバッテリー DLP9611 商品名:Qiワイヤレスモバイルバッテリー DLP9611 メーカー名:PHILIPS バッテリー容量:10,000mAh 充電だけでなく給電もワイヤレスで行うことができる。USBポートも2つついているので同時に3台を充電することが可能だ。また滑り止め加工がされており安全性機能も充実している。購入者目線での製造設計がされているおすすめ商品だ。 Delitoo|モバイルバッテリー Qi ワイヤレス充電 商品名:モバイルバッテリー Qi ワイヤレス充電 12,000mAh メーカー名:Delitoo バッテリー容量:12,000mAh USBポートが2つあり、Type-C急速入力ポートもあるため急速充電が可能なモバイルバッテリー。側面とボディのデザインが違い、重厚感のあるシックなデザインである。 ワイヤレスタイプのモバイルバッテリーには欠点も当然存在 ワイヤレスタイプのモバイルバッテリーには充電式や電池式とは異なる特有のデメリットがもちろん存在する。まずワイヤレスのバッテリーは位置がずれると充電ができなくなることだ。上記「選び方の基準」で紹介したようなズレにくい加工がされている商品でないと煩わしさを感じてしまい兼ねない。さらにもし持ち運びながら充電するときにはゴムバンドなどでモバイルバッテリーとスマホを固定する必要がある。充電しながらのスマホ操作に、ワイヤレスタイプのモバイルバッテリーは不向きである。