富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

ロバート キャンベルさんが、日本語と英語を「行ったり来たり」して見た世界【動画】

日本文学研究者で「スッキリ」などのテレビ番組でコメンテーターとしても活動するロバート キャンベルさんが、井上陽水さんの楽曲全50作を英訳し、一冊の本にまとめた。その名も『井上陽水英訳詞集』(講談社)。

「夢の中へ」「傘がない」「とまどうペリカン」など、“陽水ワールド”全開の歌詞は、どんな風に英語に置き換わったのだろうか。

歌詞を英訳する、という営みの過程で浮かび上がる様々な「疑問符」。

ちょっと待って、その動作の主体は“I”なの?それとも “We”なの?

「こんな夜」って、どんな夜?

そもそも、これは、「今」の話?10年前の話?それとも………

こうした問答から立ち上がってくる、言葉のあたらしい顔、姿かたち、佇まい。

日本語を英語にして、もう一度立ち返ってみた日本語は、私たちの目にどう映るのだろうか。

ノンフィクションライターの石戸諭さんが、キャンベルさんに話を聞きに行った。約90分に及んだ濃密なやりとりを、インタビュー動画として紹介する。

Part1 なぜ陽水の歌詞を英訳したのか?

Part2 日本語の「余白」を考える

Part3 時代が変わる 意味が揺れ動く