富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

マーケティングはデータ全盛の時代。だからこそ人間がするべきことがある

データ分析と経験知を掛け合わせロイヤルカスタマーを増やす

マーケティング,デジタルデータ
(画像=THE21オンラインより)

「顧客のビッグデータをマーケティングに活かす」ということが言われて久しいが、ビッグデータを処理できれば、マーケティングが完璧になるわけではない。それどころか、日々、店頭で顧客に接する人間の重要性がいよいよ増してくると、数々の企業で小売り・マーケティングに携わってきた逸見光次郎氏は話す。いったい、なぜなのか? 話をうかがった。

デジタルデータの活用がマーケティングを変えた

マーケティングの概念や手法は、ここ10年で大きく変化しました。

以前は、商品部や販売部に付随する調査部門がすることというイメージで捉えられていましたが、今では、あらゆる部門の人が関わって行なう、経営方針を左右する重要なものになっています。

また、消費者の行動をデジタルデータで正確に把握し、活用できるようにもなったのも大きな変化です。

これは、コンピュータのデータ処理能力が格段に進歩し、膨大なデータをスピーディに処理できるようになり、操作も簡単になった結果です。なおかつ、コストも大きく下がりました。誰もが、必要なときに、必要なデータを、すぐに使えるようになりました。

ポイントカードとスマホが普及したことも、デジタルデータが活用できるようになった大きな要因です。これにより、顧客一人ひとりの行動がつかめるようになりました。

ポイントカードが普及する以前は、商品が売れた数や、レジ打ちの担当者が入力する顧客の性別やおおよその年齢くらいしか、把握できる情報がありませんでした。ところが今は、誰が、いつ、何回、どこで、何を購入したかなどの情報が、細かくつかめます。

スマホアプリを導入し、検索履歴とも照らし合わせることで、店内に何分間滞在して、何を買わず、何を買ったか、ということまで把握している企業もあります。