富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

マークザッカーバーグなどベーシックインカム支持者たちの提言

フィンランドでは実際に実験が行われたベーシックインカム。ユーロ圏初の取り組みは注目を集めました。ベーシックインカム支持者といえば、イーロン・マスクや、Facebook共同設立者クリス・ヒューズなどがいます。今回は著書やスピーチで支持を表明した3人の提言をまとめてみました。

gettyimages (26889)

2018.12.14

ひろゆきが語るベーシックインカムの必要性

gettyimages (26892)

ひろゆき氏は著書「働き方完全無双」で、ブラック化する世の中に負けず、ベーシックインカムを貰うことを前提に生きることを提言しています。悲しいですが近い将来、日本は少数の稼げる人と生活で精いっぱいの人に分かれるそうです。ベーシックインカムは理論上可能だと証明する試算表まで付いています。
もしあなたが癌になったら、国は「オプジーボ」という薬を投与してくれるそうです。これは年間2,000万もかかりますが部位によっては保険適用の薬です。このような大きな保証を受ける権利を日本国民は持っていますが、それを癌に罹患したときに頂くのか、若い時に頂くのかという問題提起をしています。
ベーシックインカムは月7万円でこれっぽちと思われるかもしれませんが、地方で暮らすなら生活費として十分だそう。パートナーを見つけて地方に移り、家賃4万なら10万円が可処分所得になるからだそうです。

「お金2.0」佐藤航陽が語るベーシックインカム

gettyimages (26940)

佐藤氏は著書「お金2.0」で、ベーシックインカム導入国が増える背景はAIの台頭だとしています。佐藤氏はベーシックインカム導入で、生活の為に働く人がいなくなりお金が無くてはならないものではなくなった世界が到来すると予見します。
更に「お金から人の行動を変えるほどの魅力は失われる」までの変革があるというのですから、私達もずいぶん変わらなければいけませんね。不幸な物欲を持った人がいなくなり、お金以外のものに意義ややりがいを求める世界が来るというのです。
そこにどれくらいの人間が到達できるのかなと考えてしまいますが、少なくとも佐藤氏は既に貧困などの苦境に打ち勝っており達観しているのだろうと思います。
ベーシックインカムはお金のコモディティ化を推し進め、お金なんかたくさんあっても羨ましくないものになるそうです。だから将来、結婚相手の条件に年収が重視されることもなくなるとのこと!世の中の男性は、早くそういう世界が来て欲しいと思っていると思います。
ひろゆき氏は、二極化が避けられない将来、老人ほどの保護は受けられない若者はベーシックインカムや(時には)生活保護も敢えて使うべしと語ります。佐藤氏は、ネットによる経済圏の拡大などによりお金はコモディティ化することを前提としたベーシックインカムを唱えています。

マーク・ザッカーバーグのベーシックインカム

gettyimages (26949)

マークがベーシックインカムについて言及したのは2017年5月25日のハーバード大卒業式での祝辞です。ITのCEOの中では後発だと言われたマークのベーシックインカムに対する支持表明です。
マークは学生ローンに縛られる米国の大学生を憂い、世の不平等を憂いこう続けます。
「これからはGDPのような経済指標だけで測るのでなく、どれだけ多くの人が意味を見出せる役割に就けているか?という指標で進歩を測る社会にしなければいけません。 全ての人に新しいアイディアに挑戦が出来る余地を与えられるよう、ユニバーサル・ベーシックインカムのような制度を検討すべきだし、(誰でも新しいことに挑戦するクッションを持てる世界にすべきです。)」
「そしてそう、全ての人に目的を追う自由を与えることはタダではできません。僕のような人間がそのコストを支払わなければいけないし、あなた方も多くの富を得るでしょうからそうすべきです。」
引用:「マーク・ザッカーバーグ スピ-チ ハーバード大学卒業式 日本語字幕付き」https://youtu.be/nFaCasVBvD8
この抜粋だけで十分なくらい立派なスピーチです。ご存知の通り、マークは長女が誕生した折に自社株の99%を生涯にわたって寄付すると表明していますね。
この日卒業生に訴えたのは、チャンスにも恵まれないような世の中を阻止し、改善していく群れになろう、ということでした。
gettyimages (26942)

まとめ

ベーシックインカム支持層には、ピンクカラージョブ(女性の担う家事や育児または保育士の仕事)を無報酬・低賃金から解放しようとするフェミニストなどがいました。そこにロボットに脅威を感じたシリコンバレーCEOが加わりました。
お金に縛られない生き方も素敵ですが、その制度をより支える側になれたら嬉しいかな、ともこっそり思いました。
引用元:
ひろゆき「働き方完全無双」
佐藤航陽「お金2.0」
「WIRED」https://wired.jp/2017/09/08/men-will-lost-the-most-jobs-to-robots/
しーな

しーな

システム開発業の夫を手伝いながら身に付けた知識で、2017年からIT業界を中心に扱いライティングをしています。3児の母です。IT業界や成功者に興味があります。

元のページを表示 ≫

関連する記事