富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

マンディ・ムーアがハリウッドの殿堂入り

マンディ・ムーアが、ハリウッドの殿堂入りを果たした。25日(月)ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにその名を刻んだマンディは、マイロ・ヴィンティミリアやスターリング・K・ブラウン、ジョン・ウエルタス、ジャスティン・ハートリー、クリッシー・メッツ、スーザン・ケレチ・ワトソンなど『THIS IS US 36歳、これから』のキャスト陣や夫テイラー・ゴールドスミスらが見守る中、『ウォーク・トゥ・リメンバー』の共演者シェーン・ウェストについて話した。2002年公開の同作でジェイミー役を演じたマンディは、その相手役ランドンを演じたシェーンについてこう語っている。「会った時から私たちは正反対でした」「ガレージパンクバンドみたいな洋服や凝った髪型、アイラインで私がひどい状態だった一方で、あなたはまさにポップスターといった感じでした」「当時、あなたはとても長く美しい金髪でしたね」「ザ・クラッシュやラモーンズを聞かせようとしていたんですが、関心を持ってもらえませんでした。でも、フリートウッド・マックにご執心でしたね。ずっとね」「どうも『ウォーク・トゥ・リメンバー』のアダム・シャンクマン監督は『この2人を一緒に起用してみようか。正反対だけど惹かれ合う2人でさ』と決断してくれたそうです」というマンディの話に対して、「彼がそう決断してくれて僕は嬉しいよ」とショーンは答えていた。またショーンはそんな盟友マンディについて、「マンディ、君は本当に素晴らしい人だ。君の笑顔は本当に最高だよ。君が入ってくると部屋が明るくなるんだからね」「君のエネルギーは圧倒的で、そのハートは誰にも負けていない」「君がとても才能を持った人だとはずっと分かっていたし、大きなことや驚くべきことを成し遂げることも分かっていた」「ここハリウッドブルーバードに君の名は永遠に刻まれるんだ。君のことは本当に誇りだし、嬉しいよ。大好きさ」と称賛した。女優業よりも先に15歳だった1999年にヒット曲『キャンディー』で歌手デビューを飾ったマンディは、「私の人生におけるこの章で、溶け合う様に物事が進んでいます。私のことをよく知っている人なら、私がこの状況にぎこちなさを感じていることをご存知のことでしょう」「しかし最近、新しい方法で自分の力を身に着けたことに気づきました。やっと自分のことを理解し、自分のものにできるようになったんです」と続けた。そんなマンディについて、『THIS IS US』のクリエイターであるダン・フォーゲルマンはスピーチの中で、マンディの女優としての才能は開花したばかりだとして、今後の飛躍がさらに楽しみだと話した。