富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

ベル ネクサス──空飛ぶタクシーは実用化されるのか?

スマホに話せば空飛ぶタクシーが現れ、数分で数十キロ離れた目的地に運んでくれる ヘリコプター製造大手のBell Helicopter(ベル・ヘリコプター)がCES 2019で披露したコンセプトモデルの「空飛ぶタクシー」は、クルマの自動運転や電動化といった目前のステップを飛び越して、大手メーカーの企業力によって未来的な交通手段を先取りしようという試みだ。ベル社は、垂直離着陸機能をもつ軍事輸送機『V-22 オスプレイ』の製造元としても知られるが、都市交通の世界でパイオニアたり得るのだろうか。 「空飛ぶタクシー」のような新たな都市交通システムは、2年ほど前から信じられないような革新的な展望が企業によって語られており、その早すぎる進化のスピードは専門家でなければ認識が追いつかないほどだ。なにしろ、移動が必要になったらユーザーがAIスピーカーやスマートフォンなどの端末に語りかけるだけで、どこからともなく空飛ぶ乗り物が現れ、ほんの数分のうちに数十キロも離れた目的地に運んでくれるというのである。 この夢のような「空飛ぶタクシー」を現実化しようとしているのが、機体重量約2.7トンの電動垂直離着陸(eVTOL)型の航空機タクシーとして公開されたベル社の『Bell Nexus(ベル ネクサス)』だ。最高時速は約240kmで、航続距離は約240km超となる。 広大な国土をもつアメリカでは余裕の飛行距離といえないかもしれないが、それは急速に進化しているバッテリー開発によって解決されていくだろう。『ベル ネクサス』は機体側面に大きな窓があり、緊急時だけでなくイベント的にも空の旅を愉しむことができる。プロポーズ用のアイテムとして利用されるであろうことは、今からでも想像に難くない。 空飛ぶタクシーはまったく新しい乗り物。法制度をクリアできるかどうかがポイント 前述したように、『ベル ネクサス』は単なるコンセプトモデルではなく、近い将来の実用化に向けて開発が進められている。直径8フィート(244cm)のローター(回転翼)と補助的な翼を使って飛行するのだが、ローターは支持部分を回転させることで、垂直離陸から前進へと移行する仕組みだ。この動きは、まさに『オスプレイ』と酷似している。 違いは、動力が電気モーターなので、騒音が極めて小さいという点だ。乗客4名とパイロット1名の5人乗りだが、将来的には無人操縦による自動化も目指しているという。人間が操縦する前提では、実用化までそれほど時間はかからないということだろう。 「空飛ぶタクシー」に限れば、航空業界でこの分野に参入しているのはベル社と欧州の巨大航空機メーカー「Airbus(エアバス)」の2社だけだ。しかし、異業種ではグーグルが出資する「Kitty Hawk(キティホーク)」、インテルやトヨタ自動車が出資元の「Joby Aviation(ジョビー・アビエーション)」など、複数のベンチャー企業が開発を行っている。 ただし、実用化には技術的な問題以外にも大きなハードルが待ち受ける。それは「空飛ぶタクシー」というまったく新しい乗り物が、法制度をクリアできるか否かだ。道路交通法ではなく航空法に準じる必要があるのだが、従来の航空機とはあらゆる基準が異なるため、ゼロから法整備をしなければならない。ところが、一般に流通して数年経つドローンでさえ、どこの国もまともなガイドラインを策定できていないのが現状なのだ。そう考えると、メーカー側が積極的に法整備にかかわり、官民一体で築き上げて行くしかないのだろう。 簡単な訓練で誰でも操縦可能。しかし「安全性への不安」を払拭するのは難しそう? 『ベル ネクサス』の開発チームは、使いやすいインターフェイスの操縦系統によって、パイロットは簡単な訓練で必要な技術を身につけられるとしている。そのためのシミュレーターも開発中という。そうなると開発にかかる全体的なコストも壁になりかねない。 しかし、アメリカ人はこういったチャレンジングで未来的な話題が大好きなので、「『ベル ネクサス』のための投資家を集めるのは苦労しないだろう」といった見方もある。その一方で、ベル社は「安全性こそが最重要課題だ」としているのだが、客観的に考えると、どれだけ高水準の安全対策を施しても利用者の不安を完全に払拭するほうが難しいはずだ。 ともあれ、ベル社は開発段階から量産化を念頭に計画を進めており、そのうえ豊富な技術を実績とともに保持している。その「実際に利用するユーザーの不安」という点を除けば、ベル社がこの分野でほかのメーカーよりも一歩抜きん出ているのは確かなようだ。