富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

プロゲーマーの指導が高校で受けられる。鹿児島・神村学園が開校するeスポーツコースが凄かった。

 鹿児島・神村学園高等部の(単位制・広域通信制)南大阪学習センターは、株式会社ODESSEYと業務提携し、4月にeスポーツコースを開校する。

専門のゲーム練習室を備えた通信制高校の開校は日本で初めて。通信制高校のメリットを活かしたカリキュラムで、将来世界で活躍する選手の育成を目指す。

専門の「ゲーミングルーム」のイメージ

午前に授業、午後にeスポーツのトレーニングというサイクルで学び、高校の卒業資格を取得することができる。午後のトレーニングでは、プロゲーマーから指導を受ける。


■単なるゲーム漬けではない

eスポーツについては、ゲームのやり過ぎや依存症を懸念する声も聞かれるなど、教育面においては議論になることもあるのが現状だ。

本コースではそういった声にも対応し、「単なるゲーム漬け」にならないよう、学習面のサポートを東京・京都を拠点に運営するプラスティー教育研究所が担当し、大学や専門学校への進学など、その後のキャリアについても支援していくという。

■設立の意図は?

設立の背景について、本コースのeスポーツアドバイザーに就任した株式会社ODESSEYの代表取締役・平岩康佑さんに聞いた。

━━設立の背景は?

まず、そもそも通信制高校のイメージを変えていきたいと思ったんです。「学校にいけなくなった人がいくところ」とか、理由は分からないんですが、いいイメージを持たれていないという印象があったので、eスポーツという入口から、「日本で一番カッコイイ通信制高校」を創りたいという想いから実現に至りました。

━━なぜ神村学園との提携を選んだ?

神村学園は野球など様々なスポーツの強豪校ですが、午前に授業、午後に練習というシステムで、通信制高校として初めてテニスでインターハイに出場したりしていた。好きなことに没頭する上ですごくイノベーティブだと感じたので、これと同じ流れをeスポーツでも実現できないかと思ったんです。

━━eスポーツと進学面やキャリア支援を、どう結びつけていくのでしょうか?

例えば、本通信制高校から大学などへの推薦入学を実現させていきたいと考えています。また海外ではeスポーツに関連した奨学金が充実していて、優秀な選手が海外の名門大学に進学する例もあるので、海外の大学にも交渉しています。好きな道を諦めることなく、より広い進学の選択肢を我々が生徒たちに作ってあげたいなと思っています。