富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

ナイキのバスケシューズが裂けて崩壊 NBAドラフト候補の大学スター選手が負傷する前代未聞の事態に

アメリカのバスケ界で、将来のスター候補に悲劇が起きた。

試合中に履いていたナイキのシューズが壊れ、デューク大学のザイオン・ウィリアムソン選手が負傷したと、AFP通信などが2月21日報じた。

現在18歳の同選手は、1試合あたり平均22点以上の得点を取るポイントゲッターで、今年6月に行われるNBAのドラフトで上位指名が見込まれている。

履いていたシューズが壊れ、負傷して倒れこむザイオン選手

事態が起きたのは、現地時間20日の夜に行われたデューク大学とノースカロライナ大学との試合。

試合開始から36秒。デューク大学が初めてボールを保持し、フリースローライン付近でドリブルをしていた際、左足を踏み込むと、ザイオン選手が履いていたシューズが破れて、足がむき出しになった。

同選手は右の膝を抱え込みながら痛みに顔をしかめ、コート上に倒れこみ、その後は足を引きずりながらコートを離れ、途中退場となった。

この事態を受け、ナイキは事態の解明に努めるとした上で「われわれは言うまでもなく憂慮している。ザイオン選手の早期回復を願っている」「我々の製品の品質と性能はもっとも重要だ」などとコメントした。

一方、ナイキの株価は前日と比べ約1%安い水準で取引されている。

また、この試合を観戦していたアメリカのオバマ前大統領は、ツイッターで「ザイオン選手の早い回復を願う」とツイートした。