富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

トム・クルーズの養女、サイエントロジーへの協力を父に感謝

トム・クルーズの養女イザベラ(26)が、新興宗教サイエントロジーでのトレーニングに協力してくれた父に感謝しているようだ。同団体のメンバーのトムと元妻ニコール・キッドマンの養子であるイザベラは、ロンドンでのオーディターとなるためのトレーニングについてコメントしている。オーディターとは、Eメーターと呼ばれる電子機器を使い、他の信者の精神的な悩みの領域を突き止め、それに直面するのを手助けする者だという。同じくトムとニコールの養子であるコナーを弟に持つイザベラは、ジャーナリストのトニー・オルテガのブログ、ジ・アンダーグランド・バンカーに宛てた手記で、こう綴っている。「父に感謝しています。もし私にこのトレーニングを受けさせてくれなかったら、自分の問題で悩んでいたと思います。そ家族やこの組織のおかげで、今の私がいるのです」さらにイザベラは、「このトレニーングこそが私に必要なものでした。長らくかかった訓練を経てやっとオーディターを始めましたが、まったく予想していたものと違いました。これこそが私が探していたものなんです。失った破片なんです。突然、全ての意味が理解できるようになりました」「研修を通して、私はサイエントロジストになりました。今はサイエントロジーの技術をただ信じているわけではありません。この技術に効果があることを確信しているのです」とも記しており、同団体に傾倒しているという。サイエントロジーは1952年にアメリカ人SF作家L. ロン・ハバードによって創られ、人間は不滅の精神的存在であり、その経験は、ひとつの生涯を遥かに超えた範囲に及んでいるという信仰に基づいている。