富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

テザーが発行するUSDTの準備金の一部が、ビットコインに投資されていた|BTC価格に大きな影響はない

テザーが発行するUSDTの準備金の一部が、ビットコインに投資されていた|BTC価格に大きな影響はない

21日、ステーブルコイン「USDT」を発行するテザー社は、USDTの準備金の一部をビットコインに投資していたことを裁判所で認めたことが明らかとなった。

仮想通貨メディア「TheBlock」によって独占的に取得された法廷文書によると、Bitfinexと経営及び所有権が重複しているステーブルコイン「Tether(USDT)」は同社が歴史的に一部の準備金を使用してビットコインおよび「その他の資産」に投資していたことを認めている。
2つの事業体が、仮想通貨市場で大きな役割を果たしながら、不透明に運営されていた事実が裁判で明らかとなった。

これまでのテザー社およびbitfinexに関する記事は以下。

NY最高裁判所はテザー社に対して、取引所ビットフィネックスへの「資金援助・融資の禁止」を命令|ビットコイン下落

2019.05.17

テザー(USDT)米ドル裏付けが100%ではなく、74%だったことが明らかに

2019.05.01

ビットフィネックスは、テザー (USDT)の資金不正使用に反論|「NY当局は意図して弱体化させようとしている」

2019.04.26

ビットコイン暴落|テザー (USDT)の裏付けされた資金の不正使用が発覚

2019.04.26

Bitfinexの弁護士であるDavid Millerは次のように述べた。

テザーは実際に、現金および現金同等物(ビットコイン含む)に投資をしました。

この発言を受け、NY最高裁判所判事Joel M CohenはMillerに疑問を投げかけた。

もしステーブルコインが、ビットコインのような不安定な資産で支えられているとしたら、それはとても矛盾しています。

Miller弁護士は、他の資産に担保されているのは「少量」であるということを強調し、2月25日に開示した内容では「現金または現金と同等物に投資を行う」としており、それに則っていることを主張した。

テザーは「100%完全に法定通貨によって支えられている」としていたが、2月25日にホームページの表示を「従来通貨および現金同等物」「その他の資産およびテザーによる貸付金から第三者への債権」によって紐付いていると静かに変更していた。

テザーとBitfinexは訴訟棄却の動き

テザー社とBitfinexは、主題となっている違法行為は管轄ではないと主張をしている。

両社の法律事務所は、テザーとBitfinexはニューヨーク州で運営されていないため、その州の投資家に危害を与えることもないので、ニューヨーク最高裁判所(NYSC)は訴訟を起こすことは出来ないと述べている。

この一連の報道は、仮想通貨市場にとっては明らかなFUDだが、現在のところビットコイン価格に大きな影響はなく、7,943ドルで安定して変動している。