富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

タキシードこそ、オーダーメイドで

エンリッチ_matsuo1812

年末年始にかけてパーティやレセプションなどの機会が多くなる。最近ではブラックタイ指定の集まりが、再び増えているという。男を最も輝かせる一張羅だからこそ、いいものを持っておきたい。究極はやはりオーダーメイドである。

そこで今回は、英国的正統を継承することで知られるテーラー、バタクを訪ね、タキシードのオーダーについて伺った。一生物を手に入れるために知っておきたい知識が満載である。

エンリッチ_matsuo1812_1

今回の Concierge
中寺広吉さん(バタク代表取締役)

1965年、富山県生まれ。大手アパレルメーカーのパタンナー、モデリストを経て、1994年、恵比寿に注文服アトリエ、「ノーベルノート」を設立。99年、テーラー「バタク」を開業。その後MTOを中心としたライン「バタク ハウスカット」も追加される。英国をベースとしつつも、独特の審美眼に貫かれた服作りに惹かれるファンは多い。現在は日比谷、新宿御苑、大阪、福岡にショップを展開しており、お洒落上級者が集う。フォーマル関係の充実ぶりは他に類を見ない。


Q

「そもそもタキシードって、どんな時に着るのでしょう?」


A

「奥様とレストランへ行く時に着たっていいのです」

エンリッチ_matsuo1812_2

———タキシードはどのような時に着るものですか?

「ドレスコードが“ブラックタイ”となっていたら、必ずタキシードを着ていかなければなりません。スーツではNGです。特に海外では、日本のようにドレスコードが甘くないので気をつけて下さい。社会のグローバル化を反映してか、タキシードのオーダー数は増えて来ています」

エンリッチ_matsuo1812_3

エンリッチ_matsuo1812_4

夜の正礼装であるテイルコート。タキシードは、これを略式化したもの。現代で着られることは非常に珍しいが、バタクではオーダー可能。¥650,000〜(バタク Tel.03-5919-6682)

———やはり、敷居が高そうな服ですね。

「そんなことはありません。気軽に着ていただきたい準礼装です。タキシードは英国ではディナージャケットというのですが、正礼装であるテイルコート(燕尾服)だとディナーを食べる時に座りにくいので、着替えたのが始まりという説もあります」

———本来は食事をするためのジャケットだったと?

「そうともいわれています。“準”なのですから、もっと気軽に羽織ればいいのです。例えばちょっといいレストランへ奥様と出かけるような時に、ディナージャケットをお召しになるのはとても洒落ていると思いますね。実際に私たちのお客様でも、そういったことをされる方が増えています」

エンリッチ_matsuo1812_5

エンリッチ_matsuo1812_6

ラペルが「拝絹」になっていることとパンツ脇に「側章」が付いていることである。

———略礼装のブラックスーツとはどこが違うのでしょうか?

「「ラペルに拝絹(はいけん)と呼ばれるシルクの布を使用すること、パンツの脇線に側章(そくしょう)というリボンが縫い付けられていることが最大の特徴です」

———タキシードは、結婚式などでも使えますよね?

「もちろん御召し頂けますが、昼間はモーニングコートかディレクターズ・スーツ(黒ジャケットにストライプなどのパンツを合わせたもの)にして下さい」


Q

「どんな生地で仕立てればいいのでしょうか?」


A

「スリーシーズン着られるバラシアがおすすめです」

エンリッチ_matsuo1812_7

———生地はどんなものを選べばいいのでしょうか?

「タキシード用の生地としては、起毛感のあるドスキン、起毛感のないタキシードクロス、ざっくりした風合いのバラシアなどがあり、すべて高級な光沢感があります。一着目なら、スリーシーズン着られるバラシアがおすすめです。タキシードクロス、ドスキンがどちらかというと秋冬向けの生地なのに対し、バラシアには薄手の生地が多いのです。300gくらいを選ばれる方が多いですね。モヘア混もおすすめです」

———シーズンごとに2着用意する人もいるのですか?

「多いですね。もし2着作る余裕があれば、春夏用に240~280gくらいのモヘアバラシア、秋冬用に360~440gくらいのタキシードクロスかドスキンでしょうか」

———色は黒のみですか?

「ブラックとミッドナイト・ブルーが正式です。ミッドナイト・ブルーというのは、黒に近い紺で、夜の照明の下で見ると、こちらの方が黒く見えるのです。カラフルな色を使った、いわゆるファンシー・タキシードと呼ばれる類いは、一着目からはあり得ません。例外として、盛夏用にホワイトのリネンで仕立てることはあります」

エンリッチ_matsuo1812_8

タキシード用の生地は、やはり本場英国を中心に。各社フォーマル用のバンチ(生地見本帳)を揃えている。

———やはり英国の生地で仕立てるのがいいのでしょうか?

「そうですね。やはり英国のミルはおすすめです。スキャバル、スタンドイーブン、ダグデール、スミス ウーレンあたりでしょうか。国産生地にもいいものがあります。これらのメーカーにはフォーマル用のバンチ(生地見本帳)があって、さまざまなものを比べられるようになっています」

The post タキシードこそ、オーダーメイドで appeared first on ENRICH(エンリッチ).