富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

ゲーム障害とは? 新たな依存症としてWHOが認定 2022年1月に施行

世界保健機構(WHO)は5月25日、日常生活に支障をきたすほどゲームに没頭する「ゲーム障害」を、新たな依存症として正式に認定した

「国際疾病分類(ICD)」の中で「依存症」と位置付けられ、WHOの年次総会で採択された。2022年1月から施行される予定で、アルコールやドラッグと並び、治療が必要な疾病となる。

ゲーム障害は、具体的にはどんな症状をさすのか。 WHOは、「ビデオゲームやオンラインゲームなどを継続的、または繰り返しプレイするゲーム行動のパターン」と定義している。

特に、次のような症状が認められるという。

・頻度や時間など、ゲームをプレイする上で制御がきかない

・ゲームの優先度が増し、ゲームをプレイすることが他の興味や日常生活よりも優先される。

・ネガティブな影響が出ても、ゲームを継続・やりこむようになる。 ゲームの行動パターンが重度になり、その結果、自分自身や家族、社会、教育、職業といった他の重要な生活機能に支障をきたす。

こうした症状が少なくとも12カ月続いた場合に、依存症と診断されるという。

ゲーム障害が原因とみられる死亡事故はすでに起きており、CNNによると、台湾人の男性が2015年、3日間のゲーム漬けの後に死亡した。台湾でのゲーム中の死者は、その年で2人目だったという。

日本国内でもここ数年、eスポーツが盛り上がりを見せ、ビデオ・オンラインゲームが注目されている。ゲーム障害が依存症として認定されたことにより、日本も対策が必要となりそうだ。