富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

クリス・プラットら、ニコロデオン・キッズチョイス・アワードを受賞!

クリス・プラットやアダム・サンドラーらがニコロデオン・キッズチョイス・アワードを受賞した。23日(土)にロサンゼルスのガレン・センターで開催された同授賞式で、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』でフェイバリット・バット・キッカー賞に選出されたクリスは、スピーチ中にスライムを浴びせられながらも、今回の受賞について大変な名誉なことだと話している。元妻アンナ・ファリスとの間にジャック君(6)がいるクリスは、「これは本当に素晴らしいね。ありがとう。凄いことだよ」「バット・キッカー賞の受賞者に名を連ねることができるなんて名誉なことだよ」「今自宅でこれを観ている息子のジャックや投票してくれた大勢の素晴らしい子供たちに挨拶させてくれ。僕はキッズチョイス・アワードがずっと大好きなんだ。お礼を言うべき楽しさとスライムに溢れてるから」と語り、スライムまみれになりながらも「あとまだ言うことがあった。ここにいられることに感謝しているよ」と続けた。一方のアダムは『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』でお気に入りのアニメ男性声優賞に選ばれ、共演者のセレーナ・ゴメスも同じく女性声優賞を手にした。妻ジャッキーとの間に2人の子供を持つアダムはこう話している。「『モンスター・ホテル』に携わった皆、一生懸命に頑張ってくれた皆、そして共演者の皆にありがとうと言いたい。それから妻には愛しているよとね。あと、8年とか10年くらい前にこの映画をやるように言ってくれた僕らの子供セイディとサニーにも本当に感謝している」その他にも、お気に入りのSNSスター賞を受賞したデイヴィッド・ドブリックが友人のジョシュ・ペックと抱き合いながら、ウィル・スミスは最新作である実写版『アラジン』の新規映像を紹介している最中に、それぞれスライムの餌食となった。ジャスティン・ビーバーやチャンス・ザ・ラッパー、クエヴォとタッグを組んだ『ノー・ブレイナー』でお気に入りのコラボレーション賞に選ばれ、この式典のホストも務めたDJキャレドは、スライムのバスタブに浸かりながらパフォーマンスを行った。お気に入りの女性アーティスト賞と『サンキュー、ネクスト』でお気に入りの楽曲賞を受賞したアリアナ・グランデは、出席することが叶わなかったものの、「お気に入りの女性アーティスト賞とお気に入りの楽曲賞を受賞できて感謝している。だから、ニコロデオンって大好き。ニコロデオンで育ったことを本当に誇りに思っている。大好きな皆、そこにいたかったけれど、ツアーで無理だった。だから、ビデオで挨拶させてもらうわ」とビデオメッセージの中でファンへの感謝を示した。また、『アメリカズ・ゴット・タレント』がお気に入りのリアリティ番組賞を受賞したほか、サイモン・コーウェルやメル・B、ハイディ・クルム、ホーウィー・マンデルらがお気に入りの審査員に選出されたほか、ミーゴスや『スポンジボブ・スクエアパンツ:ザ・ブロードウェイ・ミュージカル』のキャスト陣などがパフォーマンスを披露した。