富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

カップル間のスマホルールは、「お互いにいつでも見てもいい」が正解

スマホを勝手に覗くのは最低の行為。そう一言で断罪できないのが、か弱い乙女 「人のスマホを勝手に覗く」と聞くと、とんでもなくモラルに欠けた悪人のように聞こえる。だが、実際に彼氏のスマホを覗いてしまうのは、Yさんのような甘えん坊な女性が最も多いのかもしれない。 Yさん「私は結構寂しがり屋で嫉妬深いので、彼氏とお泊まりをしてるとどうしても気になっちゃうことがあって…。絶対ダメ!って分かってるのに、彼氏のスマホを覗いてみたくなっちゃうんです。 これまでの恋愛でも、歴代の彼氏のスマホを何度か見てしまって…呆れられたり怒られたり、『見なきゃよかった』と思う嫌なLINEを発見してしまったり、散々な目にあいました」 嫉妬深い彼女に有効なのは「禁止」ではなく「許容」 彼氏のスマホを覗いては自己嫌悪に陥っていたという過去のYさん。そんなYさんに訪れた転機となったのが、彼氏の発したある一言だった。 Yさん「今の彼とは普段なかなか予定が合わないので、会える時は基本、どちらかの家に泊まりになるんです。付き合い始めた当初は、彼の気持ちがなかなか信じられなくて。それで、彼が寝てる間にこっそりスマホを見てしまったんですよ。 そしたら翌朝彼が『昨日俺のスマホ見てたでしょ?』って言ってきたんです。悪いことをしている自覚はもちろんあったので『あぁ、これで振られる』って身構えたら、なんと彼は『そんなコソコソしてないで、別にいつでも見ていいよ』って言ってくれたんですよ」 現代人にとっての究極の信頼関係。それが、お互いのスマホを見せ合うこと 彼がYさんに与えた「スマホを覗き見る許可」は、Yさんに思わぬ変化をもたらすことになった。 Yさん「不思議なことに、彼が『いつでも見ていい』って言った瞬間から、彼のスマホが全く気にならなくなったんです。あんなに自信満々に『見られてもいい』っていうことは、本当にやましいことがないんだ!って信じられたんですよね。 思えば、私が彼氏のスマホを気にするようになったのって、ずっと前の彼氏が浮気をしていてスマホを絶対に見せてくれなかったことが始まりだったんですよ。今の彼は『スマホを見てもいい』って言ってくれることで、そんな私の過去のつらい思い出を癒してくれたんです。 いつもこっそりスマホを覗き見した後は自分のことが大嫌いになってたので、彼のおかげで自分のことがちょっと好きになれたことも、本当に彼に感謝です」 ある種の自己献身によって、ボロボロに傷ついていたYさんの心をいやした彼。あらゆる秘密がスマホの中に格納されている現代。彼女に「スマホ見ていいよ」と言える男こそが、真の男気を持ち合わせた人物と言えるのかもしれない。 最後にアドバイザーからひと言 Rさん「ちなみに、彼は私のスマホは興味ないみたいです。本当に勝手ですけど、彼が私のスマホをコソコソ見てたら…やっぱり女々しくてちょっとがっかりしちゃうかな(笑)」