富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

ウォーレン・バフェットランチに、eToro創設者が参加決定|ランチ開催まで3日

ウォーレン・バフェットランチに、eToro創設者が参加決定|ランチ開催まで3日

仮想通貨TRON(トロン)の創設者であるジャスティン・サン氏が、落札したウォーレン・バフェット氏のランチ権利について、4人目となる参加者が決定した。今回参加することが決定したのは、そシャルトレードサービスを提供するプロジェクト「eToro(イートロ)」の創設者兼CEOであるYoni Assia(ヨニ・アシア)氏である。

現時点の参加者は以下の仮想通貨および、ブロックチェーンに関する著名人3名となっている。

  • Litecoin創設者:チャーリー・リー氏
  • Circle社CEO:ジェレミー・アレール氏
  • eToro創設者:ヨニ・アシア氏

今回、Twitterにてウォーレン・バフェットランチへの参加を発表したジャスティン・サン氏は、次のように述べている。

@eToroの創設者兼CEOである私の親友@yoniassiaを招待したいと思い、彼は@WarrenBuffettとのランチに一緒に参加する。あと4日でランチに参加する友達が発表される!

これに対してYoni Assia氏は、自身のTwitterにて「参加したいと思います!私は、社会的影響に大きな可能性があると考えています。」と返信。ランチへ参加することを世間に公表した。

ジャスティン・サン氏が落札したランチ権利は、456万7,888ドル(約5億円)で落札されており、この落札金額は2012年の345万6,789ドル(約4億円)を大幅に更新し、7年ぶりに過去最高額を更新している。またこれまでニューヨークで開催されていたランチは、今回だけサンフランシスコのベイエリアと、開催場所が変更されている。

また、ランチへ参加できる最大人数で7人であり、今回のジャスティン・サン氏がツイートしたように、残りに同席人数は4人となっている。これまで仮想通貨関連のCEOおよび創設者など、仮想通貨界隈の著名人が参加を発表しており、今後の参加者にも注目が集まっている。

TRONのジャスティン・サンが勝ち取ったウォーレン・バフェットとのランチに、ライトコイン創始者チャーリー・リーの参加が決定

2019.06.17

ウォーレン・バフェットランチに、Circle社CEOが参加決定

2019.07.19