富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

アクティブ・マネージャーの時代到来か?

アクティブ・ファンドのファンド運用マネージャーが経験している資金流入の減少傾向と自らの必要性に対する不安は、直近の弱気市場の出現によって変化する可能性がある、と資金運用投資会社モーニングスターは指摘している。

資金の流出と市場の縮小

昨年に関していえば、アクティブ・ファンドの運用マネージャーたちは資金の流出と失職の不安に喘いでいた感がある。実際、2019年1月、モーニングスター社の上級アナリスト、ケビン・マクデビット氏はThinkAdvisorの取材に対して、「アクティブ・ファンドからの資金流出は今に始まったものではないが、昨年12月の大量流出には目を見張るものがあった。1,430億ドルという数字は、われわれが過去に見た中で最大の金額といわざるを得ない」と語っている。

しかし、モーニングスター・リサーチ・サービスの投資信託調査ディレクター、ラッセル・キネル氏は、「今年の1月には、アクティブ・ファンドの資金運用の動向が明らかになってきたことにより、私たちは、アクティブ・ファンドのファンド運用マネージャ―がその役割を果たすには絶好の時期に来たと考えている。2009年第1四半期と比較すると、アクティブ・ファンドの現在の資金運用残高は11兆7000億ドルに達しており、大幅に増加している」と語った。