富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

ここなら仕事も「ととのう」コワーキングサウナ登場

近年、サウナがビジネスパーソンに人気です。熱いサウナで汗を流し、冷たい水風呂で体温を下げる、これを繰り返すことが快感という人も多いでしょう。そんなサウナ好きに朗報があります。コワーキングスペースとサウナが一体になった、コワーキングサウナが登場したのです。ここでは、気になるコワーキングサウナの情報をお伝えします。

コワーキングサウナ、どこにある?

仕事,コワーキングサウナ
(写真=Robert Nyholm/Shutterstock.com)

日本初のサウナとコワーキングスペースが融合した施設として、「コワーキングサウナ・KOOWORK(クーワーク)」が誕生しました。仕事帰りに、休日に、フレックスタイムを利用して、サウナと仕事の両方を楽しんでみましょう。

このコワーキングスペースには、サウナだけでなく特徴の異なる6つのエリアがあります。ビッグテーブルにコンセントを設置したダイニング、床に座ってちゃぶ台で仕事ができる「ごろごろスペース」、ホワイトボード付きでミニ会議や雑談ができる「ミーティング&チャットルーム」、完全な個室の「ぼつにゅうブース」、掘りごたつの「宴会スペース」、ハンギングチェアーやロッキングチェアーで空中に浮いているように感じられる「ふんわりスペース」。

それぞれを柔軟に利用することで、コワーキングスペースの利用方法の幅も広がるでしょう。KOOWORKは、横浜のスカイスパにあります。リゾート気分で訪れてみてはいかがでしょうか。

【住所】横浜市西区高島2-19-12スカイビル14F
【電話番号】045-461-1126

楽しみ方は無限大!あなたはここで何をする?

サウナ好きは、サウナに入って独特の快感を得ることを「ととのう」と表現します。サウナでととのう快感を味わうことで、その前後の仕事もスムーズに進むかもしれません。

ここからは、KOOWORKの楽しみ方をご紹介します。

用意された館内着に着替えサウナへ

KOOWORKに到着したら、まずは館内着に着替えてサウナに向かってみましょう。静かな空間でサウナを楽しむことで、集中力も高められるかもしれません。サウナの後に、ゆったりとした館内着を着て作業をしていると、まるで自宅で作業をしているようにリラックスできるでしょう。

Wi-Fi・電源完備で仕事もサクサク

KOOWORKはコワーキングスペースですから、もちろんWi-Fiや電源も完備されています。上記で紹介したように、6つのエリアのどこでも仕事が行えるようになっています。自分なりのお気に入りの場所を探して楽しんでください。

交流の場として利用するのもアリ

コワーキングスペースを活用する理由の一つに、他社あるいは他業種の人との交流があるという人も少なくないでしょう。昔はゴルフが交流の場でしたが、今はコワーキングスペースに場所を移し、効率よく人脈を広げている人も多いのではないでしょうか。

一般的なコワーキングスペースでももちろん人脈は広げられますが、サウナのくつろいだ雰囲気の中ならラフな会話が弾み、さらに交流を深めることができるでしょう。

終業後のリラックスと食事を求めて

レストランではビールとおつまみのセットのほか、和・洋・中さまざまなグルメを楽しめます。
仕事が終わった後、サウナに入ってご飯を食べて、そこからひと仕事、という使い方もできます。

スカイスパには宿泊施設もある

KOOWORKが入居するスカイスパには、カプセルタイプの宿泊施設もあるので、サウナと仕事に熱中しすぎて、終電を逃してしまった場合も安心です。休前日に訪れて、翌日までゆっくり過ごすという使い方もできます。

仕事とリフレッシュを同時に!集中力を高められるかも

仕事をして、ストレスが溜まったらサウナに入ってリフレッシュできるのがコワーキングサウナのメリットです。仕事とリフレッシュが自分のペースでできるので、集中力もアップしそうです。普通のコワーキングスペースに飽きたのなら、新しい習慣としてコワーキングサウナを体験してみてはいかがでしょうか。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?
日本は借金大国?世界の債務残高はどのくらいのか
ビジネスセンスが現れる!差がつく「手土産」3選
サービスで選ぶエグゼクティブのカード
プラチナカードの審査の仕組みとは