富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

【羊飼いのFX突撃取材】ECRAの対象が焦点。リスクオフ相場に注意。

2019年5月27日15時時点に齊藤トモラニさんに直接聞いた現在の相場観とFXトレード戦略をご覧下さい。(提供:羊飼いのFXブログ※チャート付き)

現在の為替相場の傾向や相場観

羊飼いのFX突撃取材
(画像=PIXTA)

ECRA(米国の輸出規制改革法案)の施行でファーウェイの禁輸が発表されたが、今週はECRAの対象がファーウェイ以外にいつどのように発表されるかが焦点。一方、メイ英首相の辞任や下向きな米国指標など、リスクオフ相場に注意。

現在の為替相場の戦略やスタンス

米ドル/円の60分足のチャートをみると、先週、下降トレンドラインを一瞬抜いたが、その後下落上昇トレンドラインも切っている。今は上昇トレンドラインのリテストを行っているのかというところ。一旦抜いたラインに抑えらえれる、また109.75円付近にあるレジスタンスに抑えられると売りやすい。ただこの2本を超えてきた場合でも、下降トレンドライ(赤ライン)と下降補助線(ブルーライン)を上抜け、そのラインがサポートとならない限りはショート狙いのトレードでいいかと思っている。

齊藤 トモラニ(トレーダー兼セミナー講師)
ウインインベストジャパンのFXトレーダー兼インストラクター。2006年11月の杉田勝FXセミナーの受講生。セミナー受講後、FXでの利益が給料を上回るようになる。その後、トレーダー兼講師として弊社へ入社。抜群のFXトレードセンスを持ち、セミナー受講生から絶大な評判を得る。「トモラニ」の愛称で親しまれている。

羊飼い(ひつじかい) FXトレーダー&ブロガー
羊飼いのFXブログ」の管理人。2001年からFXを開始。ブログで毎日注目材料や戦略を執筆配信中。トレードはスキャルがメインで超短期の相場観には自信あり。