富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

【羊飼いのFX突撃取材】緩和局面入りという現状を踏まえるとドルの上昇は限定的

2019年7月29日8時時点に竹内典弘さんに直接聞いた現在の相場観とFXトレード戦略をご覧下さい。(提供:羊飼いのFXブログ※チャート付き)

現在の為替相場の傾向や相場観

羊飼いのFX突撃取材
(画像=PIXTA)

先週1週間を通じてみると、米国の2020年末までの利下げの織り込み回数は、週初の4.12回より週末には3.88回まで低下した。こちらの動きと相関の強い米ドル/円も買い戻し優勢の展開のなか、先週末26日(金)には先週の高値108.83円まで上伸した。

現在の為替相場の戦略やスタンス

今週は8月1日(水)に日付が変わった日本時間深夜3時にFOMC(連邦公開市場委員会)が終了、その後パウエルFRB議長が記者会見にのぞむ。この会合での利下げの織り込みはすでに100%に到達しており、焦点はその利下げ幅に移る。前回6月のFOMCで利下げに票を投じたのは、セントルイス連銀のブラード総裁のみだった。わずか1カ月程度しか時間が経過していないなかで、通常の2回分の利下げ幅である50bp(0.50%)の利下げに意見集約を導くことは難しいだろう。こうしたなかで、依然市場は50bpの利下げを21.4%織り込んでおり、25bp(0.25%)の利下げとなった場合、過大な織り込みの解消からやや米ドル/円の買い戻しが進行し、109円台を回復する場面もあるかもしれない。ただ金融政策と同時に発表される声明文のなかでは、今後の段階的な利下げが示唆される可能性が高い。緩和局面入りという現状を踏まえるとドルの上昇は限定的、盛夏に向け米ドル/円の109円台は売りだろう。米ドル/円で107.50~109.50円、ユーロ/米ドルで1.1050~1.1250ドル、ユーロ/円で120.00~122.00円を予想している。

竹内典弘
1990年、カナダ系の銀行へ入行し為替ディーラーとなる。HSBCでは米ドル/円のチーフトレーダーを務めるなど20年以上にわたって為替市場の第一線で活躍。現在は個人トレーダーとして自己資金を運用するほか、twitter(@yen20pl)や西原宏一さんのメルマガを通じて情報配信を行なう。

羊飼い(ひつじかい) FXトレーダー&ブロガー
羊飼いのFXブログ」の管理人。2001年からFXを開始。ブログで毎日注目材料や戦略を執筆配信中。トレードはスキャルがメインで超短期の相場観には自信あり。