富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

【羊飼いのFX突撃取材】米ドル/円の60分足はレンジ内の推移

2019年2月25日12時時点に齊藤トモラニさんに直接聞いた現在の相場観とFXトレード戦略をご覧下さい。(提供:羊飼いのFXブログ※チャート付き

現在の為替相場の傾向や相場観

羊飼いのFX突撃取材
(画像=PIXTA)

昨日24日(日)まで延期継続されていた米中貿易交渉は焦点になっていた米国の大幅貿易赤字の解消と中国の構造改革、技術の強制移転問題に一定の合意が為される可能性が出てきており、交渉期限となっていた今週3月1日(金)は延期となった。また合意内容次第だが、トランプ米大統領が米中首脳会談を3月中に行なう意向を表明したことで、市場はリスクオン模様。ただし、この流れは織り込み済みまた不確定要素も残っているようで予断は許さない状況だ。 なか週高値110.95円をつけた。その後も材料難のため、110円台後半で方向感のない推移となり、そのまま引けた。

現在の為替相場の戦略やスタンス

米ドル/円の60分足はレンジ内の推移。ただ、なだらかな補助線を切ってきたため、サポートラインを切ってくると下に行きやすくなるかと思ってチャートを見ている。トレードの方法としてはサポートラインを切った後の最初の戻りでショートかと思っている。

齊藤 トモラニ(トレーダー兼セミナー講師)
ウインインベストジャパンのFXトレーダー兼インストラクター。2006年11月の杉田勝FXセミナーの受講生。セミナー受講後、FXでの利益が給料を上回るようになる。その後、トレーダー兼講師として弊社へ入社。抜群のFXトレードセンスを持ち、セミナー受講生から絶大な評判を得る。「トモラニ」の愛称で親しまれている。

羊飼い(ひつじかい) FXトレーダー&ブロガー
羊飼いのFXブログ」の管理人。2001年からFXを開始。ブログで毎日注目材料や戦略を執筆配信中。トレードはスキャルがメインで超短期の相場観には自信あり。