富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

【羊飼いのFX突撃取材】米ドル/円と日経先物の押し目買いで臨みたい

2019年3月27日10時過ぎに西原宏一さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。(提供:羊飼いのFXブログ※チャート付き)

現在の為替相場の傾向や相場観

羊飼いのFX突撃取材
(画像=PIXTA)

昨日26日(火)に急騰した日経平均を受け、NY市場の米国株も上昇。しかし、アップルが下げに転じたことで、相場も伸び悩みとなった。英議会はブレグジットについて行き詰まりを打開するため、メイ英首相案に代わる複数の案を本日27日(水)に採決にかける。どの案が支持を集めるかにより、政府が軟着陸を目指す動きにつながる可能性もあるだろう。メイ英首相は自分の離脱協定案支持の取り付けを模索しており、可決される見込みがあれば明日28日(木)、採決にかけられる。

現在の為替相場の戦略やスタンス

米ドル/円は110円ミドルまで反発した。期末を控えて「ドルの買い遅れ組」が109円台にドル買い注文を出してきたが、全く買えないまま110円ミドルまで反発している。期末まであと3日。期末までは彼らのドル需要で、米ドル/円は底堅く推移すると想定。米ドル/円は現在110.50円レベルだが、戦略としては米ドル/円と日経先物の押し目買いで臨みたい。

西原 宏一(にしはら こういち) 株式会社ダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチ
青山学院大学卒業後、1985年に大手米系銀行のシティバンク東京支店へ入行。1996年まで同行に為替部門チーフトレーダーとして在籍。その後、活躍の場を海外へ移し、ドイツ銀行ロンドン支店でジャパンデスク・ヘッド、シンガポール開発銀行シンガポール本店でプロプライアタリー・ディーラー等を歴任した後、独立。ロンドン、シンガポール、香港など海外ヘッジファンドとの交流が深く、独自の情報網を持つ。ザイFX!にて「西原宏一のヘッジファンドの思惑」を連載中。

羊飼い(ひつじかい) FXトレーダー&ブロガー
羊飼いのFXブログ」の管理人。2001年からFXを開始。ブログで毎日注目材料や戦略を執筆配信中。トレードはスキャルがメインで超短期の相場観には自信あり。