富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

【羊飼いのFX突撃取材】注目通貨ペアは引き続きポンドだろう

2019年2月19日11時過ぎに志摩力男さんに直接聞いた最新の相場観と戦略をご覧下さい。(提供:羊飼いのFXブログ※チャート付き

現在の為替相場の傾向や相場観

羊飼いのFX突撃取材
(画像=PIXTA)

注目通貨ペアは、引き続きポンドだろう。マーケット全体がブレグジット待ちのため、結果如何(いかん)で、合意なき離脱であればパリティを目指すし、EUと離脱合意案であれば、ある程度のリバウンド、具体的には英ポンド/米ドルで1.35~1.40ドルに向けての動きがあってもおかしくないだろう。どちらに転んでも大きく動くので、ユーロ/米ドルやその他の通貨ペアも影響を受けることが見込まれる。よって全体的に待ち姿勢が広がっており、現在動きづらい相場となっている訳だ。

現在の為替相場の戦略やスタンス

可能性として合意なき離脱という選択は、最終的には取り得ないだろう。英議会が否決ばかりで、まとまりがないため、合意なき離脱に近づいているかのように報道されてしまう。しかし、最終的にその選択はあり得ないため、どこかのタイミングでポンドは買われ始めるとみている。現在は仕込みどきのため、少額のポンドロングを持つことや、コールオプションを買うのも選択肢としてあるだろう。実質的には、ここ1カ月以内にはおそらく落着するであろうし、3月29日の期限が延長されてもポンドは少し買われるとみている。現在、英ポンド/米ドルは1.29ドル前後だが、直近高値である1.3214ドルを少し上回る方向へのリバウンドを想定している。

志摩力男
慶應義塾大学経済学部卒。1988年~1995年ゴールドマン・サックス、2006-2008年ドイツ証券等、大手金融機関にてプロップトレーダーを歴任、その後香港にてマクロヘッジファンドマネージャー。独立した後も、世界各地のヘッジファンドや有力トレーダーと交流があり、現在も現役トレーダーとして活躍する。志摩力男の実践リアルトレード

羊飼い(ひつじかい) FXトレーダー&ブロガー
羊飼いのFXブログ」の管理人。2001年からFXを開始。ブログで毎日注目材料や戦略を執筆配信中。トレードはスキャルがメインで超短期の相場観には自信あり。