富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

【米国株動向】フェイスブック、インドでデジタル決済に挑戦

モトリーフール米国本社、2019年7月17日投稿記事より

フェイスブック(NASDAQ:FB)は1年以上インドでデジタル決済サービスに取り組んできました。

2018年初めに100万人のWhatsAppユーザーを対象としたベータテストを開始し、プロジェクトを進めています。

サービスを全国展開するためにフェイスブックは規制当局の承認を必要としており、インド準備銀行(中央銀行)に報告書を提出する準備をしているとブルームバーグは伝えています。

インドでデジタル決済市場に参入することは大きなチャンスです。

アナリストは、インドのデジタル決済市場は2023年までに5倍になり、1兆ドルを超えると予測しています。

インド国内におけるフェイスブック・アプリの人気を考えると、承認を得られれば成長市場の多くを獲得する絶好の機会があります。

フェイスブック
(画像=Getty Images)

WhatsAppのビジネス機会

フェイスブックはWhatsAppの取引を直接収益化しようとは考えていないでしょう。

代わりに、WhatsAppユーザーに決済処理を無料で提供することで、できるだけ早くサービスを拡大したいとみられます。

米国における「メッセンジャー」決済の拡大と同様です。

WhatsAppを通じて取引を行う企業の数を増やすことで、収益機会を生み出すことができます。

フェイスブックは常にこのようにして収益化戦略を立てています。

インドでは、MakeMyTrip(オンライン旅行会社)やBookMyShow(エンタテインメント関連チケット取り扱い)など、WhatsAppを使用してユーザーをつなげているビジネスがすでにあります。

WhatsAppに決済を集約させることで、ユーザーがこれらのサービスを使用しやすくなり、企業がWhatsAppを活用して顧客に連絡するインセンティブを高める可能性があります。

インドでデジタル決済が普及するにつれ、WhatsAppを、中国で普及しているテンセント(NASDAQOTH:TCEHY)のチャットアプリWeChatに相当するサービスにできるかもしれません。

WeChatは、オンラインでも対個人でもすべての決済に使用できます。

それだけでなく、ユーザーがアプリ内でタクシーや病院などのサービスを予約することも可能になります。

WeChatは必要なものを見つけて決済するポータルとなり、中国で最も人気のあるチャットアプリになっています。

中国において、デジタル決済におけるテンセントの最大の競合は、デジタル小売を支配しているアリババです。

フェイスブックは、インドでより大きな挑戦に直面する可能性があります。

競合となるのはPaytmとPhonePeで、Paytmにはソフトバンクが、PhonePeにはウォルマートが出資しています。

アマゾンとアルファベットのグーグルも市場シェアを獲得しようとしています。

フェイスブックは競争に参加するために多額の投資をしなければなりませんが、フェイスブックの人気は強みとなるでしょう。

WhatsApp以外の分野

デジタル決済の承認を得ることでフェイスブックが優位になる分野は他にもいくつかあります。

フェイスブックは、オンラインフリーマーケットとして機能するMarketplaceのプラットフォーム拡大に取り組んでいます。

ユーザーがMarketplaceで見つけた商品に簡単にアクセス、チャット、決済を行えるようにすることで、フェイスブックは競争優位性を得ることができます。

もう1つの分野はフェイスブックの仮想通貨であるLibraの立ち上げです。

インド準備銀行は、ブロックチェーンの通貨取引に銀行ネットワークを使用することを承認していないため、Libraは現在インドにおける規制上の問題に直面しています。

デジタル決済はインドで注目されており、フェイスブックは急成長しているデジタル決済市場シェアを獲得するのに有利な立場にいます。

フェイスブックはデジタル決済から直接多くの売上を生み出すことはおそらくないですが、間接的に多くの収益機会を得られる可能性があります。(提供:The Motley Fool Japan

(米国株投資にご関心がある場合は、モトリーフールの下の記事をご参照ください。)
「米国株投資を始めるのに適した、国内のネット証券5社を比較」


フリーレポート配信
モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。


アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール社の取締役会メンバーです。アルファベットのエグゼクティブであるSuzanne Freyは、モトリーフール社の取締役会メンバーです。Randi Zuckerbergは、フェイスブックのマーケティング開発部の元ディレクターおよび元スポークスウーマンであり、マーク・ザッカーバーグCEOの姉です。Randiはモトリーフール社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Adam Levyは、アルファベット(C株)、アマゾン株、フェイスブック株、テンセント・ホールディングス株を保有しています。モトリーフール社は、アルファベット(A株)、アルファベット(C株)、アマゾン株、フェイスブック株、テンセント・ホールディングス株を保有し、そして推奨しています。モトリーフール社は、ソフトバンク・グループ株を推奨しています。