富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

【米国株動向】さえない株価が続くウーバーの投資機会は?

モトリーフール米国本社、2019年7月17日投稿記事より

ライドシェアリング(配車サービス)大手のウーバー・テクノロジーズ(NYSE:UBER)はIPO(新規株式公開)価格の45ドルを4度も下回っています。

成長しつつあるライドシェアリング市場におけるウーバーの市場優位性に関して好印象が強いですが、同社の成長鈍化や損失規模に懸念を示している投資家も多いです。

投資機会
(画像=Getty Images)

第2四半期決算に注目

ウーバーに関する情報は探せば探すほど出てきます。

ここ一週間でも、ドイツで6番目の都市であるハンブルクでウーバーのサービスがスタートしました。

また、今まではマクドナルド(NYSE:MCD)の配達をウーバーが独占していましたが、新興のドアダッシュも利用できるようになりました。

急拡大する出前サービスでグラブハブ、ウーバー、ドアダッシュに成長余地

8月8日の取引終了後に第2四半期決算が発表される予定で、業績および株価に関するニュースが出るでしょう。

ウーバーには第1四半期末時点で9,300万人の月間アクティブユーザーがおり、第2四半期にどれだけ増加しているかが注目されます。

また、ドライバーへのインセンティブ増加で膨らんでいる赤字動向をアナリストは注視しています。

様々なニュースが流れているにもかかわらず、ウーバーの株価は6月以降40〜40ドル台半ばで取引されてきましたが、この水準に留まっていることはないでしょう。

ライドシェアリング業界は活気づいており、ウーバーはこの中でもリーダー的存在です。しかし、バリュエーションの懸念は未だに残っています。

ウーバーの株価は予想PSR(株価売上高倍率)5倍以上で取引されています。

黒字転換は2025年ぐらいまで待たなければいけないでしょう。(提供:The Motley Fool Japan


フリーレポート配信
モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて無料で「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

また、テクノロジー分野に投資したい投資家として知っておくべき情報も無料で配信しております。「人工知能というテクノロジーの「第三の波」が、日本の年間GDP以上の付加価値を生み出す」こちらからご覧ください。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。


元記事の筆者Rick Munarrizは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール社は、ウーバー・テクノロジーズ株を推奨しています。