富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

【第1回】 消費者が選ぶベストカーとは

車,ランキング,現代自動車
(画像=Genesisサイトより)

目次

  1. はじめに
  2. 「ベスト・カーブランド」 1位はどこだ
  3. 車両テストと顧満足度で評価
  4. 路上テストではホンダ。信頼性はトヨタ、満足度はマツダ
  5. 韓国2大メーカー、昨年の売上は目標より100万台減
  6. 高級ブランドの低価格帯モデルが顧客満足度低下の要因に?
  7. 最終的な決め手は「消費者の満足度」

はじめに

日本と欧米、韓国などのメーカーが世界中で鎬を削る自動車業界。地球温暖化への対策の必要性が叫ばれる中、ガソリン車から電気自動車や燃料電池車への転換をにらみながら、日々、開発競争が行われている。

自動車メーカー各社は、生き残りのためにどのような戦略を描いているのか。人気のSUV(多目的スポーツ車)をめぐる動向を中心に、激動の自動車業界の現状を報告する。

「ベスト・カーブランド」 1位はどこだ

米国消費者情報誌「コンシューマー・リポート」の自動車部門で、現代自動車(ヒュンダイ)の高級ブランド、ジェネシスが2018年の首位に輝いた。次いでアウディが2位、BMWが3位に。日本からは4位のレクサスを筆頭にトップ10に4ブランド、トップ30に8ブランドがランクインした。

韓国は起亜が6位、現代が11位と健闘。最多国は米国でTeslaなど11ブランドがランクイン。ドイツも6ブランドと根強い人気を証明した。

それでは、詳しい順位と評価のポイントについて見ていこう。

車両テストと顧満足度で評価

ランキングはコンシューマー・リポートが独自で行った厳格な車両テスト(衝撃テストなどを含む信頼度の測定) と、64万台を超える車の所有者から収集した満足度についての評価に 基づいて作成された。対象となったのは34ブランドだ。

消費者が選ぶ「ベスト・カーブランド(2018年)」トップ30と総合スコア

30位 三菱(日本) 50.0
29位 ジャガー(英国) 53.0
28位 GMC(米国) 54.0
27位 ダッジ(米国) 56.0
26位 ラム(米国) 57.0
25位 MINI(ドイツ) 58.0
24位 キャデラック(米国) 60.0
23位 シボレー(米国) 61.0
22位 アキュラ(米国ホンダ) 62.0

18位 日産(日本) 64.0
18位 フォード(米国) 64.0
18位 ビュイック(米国) 64.0
18位 Volvo(スウェーデン) 64.0
16位 リンカーン(米国) 66.0
16位 フォルクスワーゲン(ドイツ) 66.0
15位 メルセデスベンツ(ドイツ) 67.0
14位 インフィニティ(日本) 68.0
13位 マツダ(日本) 69.0
11位 現代(韓国) 70.0
11位 クライスラー(米国) 70.0

10位 トヨタ(日本) 72.0
9位 ホンダ(日本) 73.0
8位 Tesla(米国) 74.0
6位 スバル(日本) 76.0
6位 起亜(韓国) 76.0
4位 ポルシェ(ドイツ) 77.0
4位 レクサス(日本) 77.0
3位 BMW(ドイツ) 79.0
2位 Audi(ドイツ) 80.0
1位 ジェネシス(韓国) 81.0

路上テストではホンダ。信頼性はトヨタ、満足度はマツダ