富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

【特集#5】年収2000万円超キャリアウーマンに聞いた 稼ぐ3つのポイント

日本に女性富裕層はどのくらいいるだろう。

本特集では女性富裕層の中でも特に年収2000万円以上の女性を「女性富裕層」と考えている。国税庁の「民間給与実態統計調査」(2016年分)によると、女性の給与所得者(2006万9000人)のうち、年収2000万円を超える女性は1万8000人とわずか0.09%。ちなみに給与所得者全体の平均給与は422万円、女性に限ると280万円である。

独立系のM&Aコンサルタントとして働く山中さん(仮名)は40代で年収2000万円を超えるキャリアウーマンである。夫も年収が億を超えるという超パワーカップルだ。

一体、どのようなライフスタイルを送っているのだろう。山中さんがそこまで稼ぐようになった経緯、現在のライフスタイル、お金の使い方などを伺った。自分も、彼女に近づくことができるだろうか。(聞き手 くすいともこZUU online編集部、DAILY ANDS編集長)

おしゃれカフェに訪れた、優しそうなお姉さん

女性富裕層の世界#05
(画像=PIXTA, ZUU online編集部)

5月中旬、都心のおしゃれカフェの奥まった席で、ドキドキしながら時間が来るのを待っていた。稼いでいる女性とはどのような人生を送ってきた人なのだろうか。バリキャリ風の方で、キレるタイプなのか……。想像力を働かせていると、近くの席にいるノートパソコンで作業をしていた女性に話しかけられた。

少し長い黒髪をキレイに束ね、白いレースのインナーにオフホワイトのジャケットを羽織った、ふんわりと優しい雰囲気をまとったお姉さんだった。バリキャリでキツイ印象の女性、あるいは少し派手めな格好をした女性をイメージしていたので正直、意外に感じてしまった。

これまでの経歴を聞くと、新卒で金融機関に勤めた後、20代後半で独立し、現在は中小企業の経営者などを相手に働いているそうだ。顧問料などを合わせると年収は2000万円を超えるという。

——まず、現在のお仕事や給与形態について教えていただいてもよろしいでしょうか。

独立系とはいえ一応、私は会社に所属しているので月給はあります。ただ、月給は微々たるもので、メインは歩合給です。顧客や携わる案件によって収入は多少変化しますが、比較的安定して稼ぐことができると思います。

——独立しようと決めたのはいつですか?

20代の金融機関勤務時代ですね。私、生涯仕事を続けていきたいと思っていたんですが、当時の勤務先に女性で出世している人が少なくて。

独立すればフリーランスのような働き方ができるから、自分で仕事量も調整できる。子どもを育てるという夢を諦めずにビジネスをやることができる、と思い独立しました。

当時、アメリカではすでに、フリーランスのような働き方をしている人が多くて、「これならいけるかも」と思いました。

——これまで年収がどのように変化してきたのかを教えてください。