富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

【特集#3】「できることを積み重ねる人」が成功者になれない理由

「近代日本資本主義の父」とも呼ばれ、500以上の会社設立に携わった起業家・渋沢栄一が活躍したのは江戸から明治への時代の変革期だった。

渋沢栄一が残した教訓の中でも特に、現代のイノベーターにとっても教訓になり得るエッセンスとは何か。渋沢栄一の玄孫(やしゃご)でありコモンズ投信会長、渋澤健氏のインタビュー最終回では、「資本家思考」の中でも特に、時代の変革期に活躍するイノベーターとして必要な素質を聞いた。(取材・山本信幸/写真・森口新太郎)

渋沢栄一の資本家思考#3
(写真=森口新太郎)
渋澤健さん
1983年テキサス大学卒業、日本国際交流センター入社後、1987年UCLA大学MBA経営大学院卒業。ファースト・ボストン証券で外国債券を担当。JPモルガン銀行、JPモルガン証券、ゴールドマン・サックス証券を経て、1996年ムーア・キャピタル・マネジメント入社。2001年シブサワ・アンド・カンパニー、2007年に現在のコモンズ投信を創業。社会貢献活動にも積極的に関わっており、2016年にアフリカで起業する若手日本人を支援する「アフリカ起業支援コンソーシアム」を創設、事務局を務める。

渋沢栄一が目指したのは「結果平等」ではなく「機会平等」

渋沢栄一の資本家思考#3
(写真=森口新太郎、ZUU online編集部)

――できる限り格差を生まないために、経営者はどのような努力をすべきなのでしょう。