富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

【特集#1】黒服が語る 月200万円以上稼ぐ女性のリアルなライフスタイル

普段、女性富裕層の素顔を知る機会はあまり多くない。彼女たちは例え自身が稼いでいたとしても、それを周囲に話す機会はほとんどなく、話すメリットもあまりないためである。しかし、女性活躍が推進され、誰にとってもビジネスを興すチャンスが広がるほど、女性の富裕層は増えていく可能性がある。富裕層のライフスタイルや稼ぎ方に男女の違いはあるのだろうか。

本特集では、女性富裕層の中でも特に自分で稼いでいるケースに光を当て、そのライフスタイルや富裕層になるまでの道のり、どのようにして女性が富裕層になっていくのかを、本人や、そばで働く人の証言から堀り下げていく。

2019年5月上旬、銀座高級クラブに黒服歴20年の前田さん(仮名)を訪ねた。稼ぐホステスをたくさん見てきたであろう前田さんが語る、女性富裕層の知られざる素顔とは?(聞き手 くすいともこ ZUU online編集部、DAILY ANDS編集長)

  1. 第0回 女性富裕層インタビューで垣間見た、彼女たちが稼ぐ本当の理由【無料】
  2. 第1回 黒服が語る 月200万円以上稼ぐ女性のリアルなライフスタイル
  3. 第2回 黒服が語る 稼ぐホステス、稼げないホステスの違い
  4. 第3回 黒服が語る 稼ぐ女性富裕層のモチベーション
  5. 第4回 世界の女性富裕層の割合とは? 女性ビリオネアが多い国
  6. 第5回 年収2000万円超キャリアウーマンに聞いた 稼ぐ3つのポイント

女性富裕層の定義とは

女性富裕層の世界#01
(画像=indira's work / shutterstock.com, ZUU online編集部)

前田さんのインタビューについて紹介する前に、女性富裕層について調べた。

2015年、電通とハースト婦人画報社が行った「日本の富裕層女性」に関する調査がある。この調査によると、富裕層の定義は「世帯資産(住宅ローンなどの借金分は除く純資産)1億円以上の人たち」(日本の総世帯の6%、336万世帯)、または「世帯年収2000万円以上の人たち」(日本の総世帯の1%、56万世帯)で、いわゆる大富豪の「超富裕層」ではなく、消費意欲が旺盛な「マス富裕層」だという。

女性富裕層の自由に使えるお金は、月に20万円以上。中には、資産運用を積極的に行い、1000万円以上株式投資をしている人もいるらしい。

さらに、日本の富裕層女性は必ずしもすべての人が同じタイプだとは限らず、大きく5つのタイプに分類される。

1. しっとり大和撫子タイプ:親の代から受け継いできた資産をしっかり守っていくタイプ。

2. 全力投球・人生謳歌タイプ:親や配偶者だけでなく、自分自身もきっちり稼いでいるタイプ。