富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

【水・日連載LINE講座】機能編 クーポンはダサい!?ならLINEクーポンで解決 vol.38

20代OLが激白、残念なクーポン券エピソード 今回話を聞いたのは、都内で働く20代OL3人。まずは実際に経験した残念なクーポン券エピソードについて聞いてみた。 「合コンで知り合った年上の男性、大人っぽい雰囲気でカッコよくて食事デートもいい雰囲気だったのですが…お会計のときに、お財布からクーポン券を取り出したんです。しかも、クーポン雑誌から自分でわざわざハサミで切り取ったもの。一気に興ざめしました (26歳・商社勤務)」 「憧れていた会社の先輩。一緒にランチに行ってご馳走してくれたのはうれしかったのですが…お会計でくしゃくしゃになったクーポン券を出したんです。しかも、また使うから持って帰ります。なんて言って。引きました。(28歳・メーカー勤務)」 「彼との記念日デートで、お店を予約してくれたから嬉しくて。お会計でわかったけれど、クーポンで半額になるからその店にしたみたい。安く扱われたみたいで寂しい気持ちになりました(27歳・会社受付)」 奢る立場からしてみれば、クーポン券くらい使わせてくれよ。というのが本音かもしれない。しかし「わざわざ切り取ったクーポン券」「くしゃくしゃのクーポン券」「クーポン券を使ったのがバレバレ」という要素がダサさを増長しているようだ。 ならば、スマートかつバレずに使えるクーポンならどうか?と尋ねたところ「こちらにわからなければOK」「スマホを見せるだけのクーポンならスマートだから問題なし」とのこと。そこで紹介したいのが「LINEクーポン」である。 スマートかつバレにくい「LINEクーポン」を使いこなそう LINEクーポンとは、その名の通りLINE上でGETできるクーポンのこと。 トップ画面の上部に表示される「LINEサービス一覧」から選択すると、その日使用できるLINEクーポン一覧が表示される。 ジョナサンやガスト、大戸屋など、サラリーマンにはおなじみのチェーン系ファミリーレストランがずらり。割引だけでなく、副菜や小鉢が無料になるクーポンも豊富なのがありがたい。 さらに、LINEウォレットページをスクロールしていくと、バラエティ豊かなクーポン券が見つかる。 デートでも使いやすそうなイタリアンレストランなども。LINEクーポンは定期的に更新されるので、こまめにチェックしてみよう。 なお、お会計の際は、LINEクーポンの画面を提示するだけでOKだからスマートかつバレにくい。もう、雑誌からクーポン券を切り取ったり、くしゃくしゃになったクーポン券を後生大事に取っておいたりしなくてもいい。彼女や部下にダサいなどと非難されることもなくなりそうだ。 今回のLINE講座まとめ ■お会計でクーポン券を使う男はやっぱりダサい。 ■「わざわざ切り取ったクーポン券」「くしゃくしゃのクーポン券」「クーポン券を使ったのがバレバレ」という要素がダサさを増長させる。 ■スマートかつバレずに使えるLINEクーポンなら、ダサい奴認定を回避できる。しかもかなりお得。 次回は、3人の20代OLが選んだ、オススメのLINEクーポンについて紹介しよう。