富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

【映画の名言6選】俳優や映画監督の人生に効く名セリフ

「名言は映画から生まれる!」映画好きな方には、恐らく賛同していただける見解ではないでしょうか。今日は洋画・邦画を問わず、俳優や映画監督が発した人生に効きそうな名セリフを紹介してみます。英語のもの、日本語のものなど、吹き替えなしでオリジナルに忠実に紹介しましょう。

gettyimages (34713)

2019.3.28

人生に効く映画の名言(英語・日本語)

 (34719)

人生の在り方について語った俳優や映画監督の名言を、日本語・英語を問わずに2本紹介します。
『You gotta take what you can, when you can, while you can. And you gotta do it now.(できる内に、できることをやっておけって。それ、今でしょ!)』
2000年の米国の青春映画で、キャメロン・クロウ監督・製作・脚本の「あの頃ペニー・レインと(原題:Almost Famous)」にある名言です。バンド・マネージャを目指すジミー・ファロン演じるデニス・ホープが、このセリフでメンバーを説得していました。何ごとも後回しにすると、せっかくのチャンスでも逃してしまうぞ、という意味ですね。そもそも、チャンスは一度しか訪れないこと、ここぞと感じたら即アクションあるのみであることは、成功者ならば肌感覚で理解できるのではないでしょうか。
『絶望した時に発狂から救ってくれるのは、友人でもカウンセラーでもなく、プライドである。』
長崎県出身の小説家で、映画監督でもある村上龍氏による名言です。昨今は、金融・政治経済評論家としても認知されていますね。「限りなく透明に近いブルー」では、群像新人文学賞と芥川龍之介賞を受賞しました。人生思うように行かないことや、落ち度がないのに困難に巻き込まれることも多々あります。そのような時、自暴自棄にならずに自身を保てるのは、最後には培ってきたプライド(その場だけの見栄ではない)だと実感します。逆に言えば、本物のプライドを持っていない人間は信用できない、とも言えますね。

ビジネスに効く映画の名言(英語・日本語)

gettyimages (34723)

ビジネスの取り組みについて語った俳優や映画監督の名言を、日本語・英語を問わず2本紹介しましょう。
『You can't make an omelet without cracking eggs.(タマゴを割らずにオムレツは作れない)』
ロバート・ロッセン製作・監督・脚本による1949年の米国映画、「オール・ザ・キングスメン(原題:All The King's Men)」に出て来る名言です。ジョン・アイアランド演じるジャック・バーデンによる捻りが利いたセリフですが、「何かを得るためには代償が必要だ」「得るものがあれば失うものもある」という意味合いです。ビジネスにおいても、真実の一面を表していると感じませんか。一例ですが、ある庶民的な飲食店でサーヴする料理をグレードアップし、客単価を上げたとしましょう。恐らく、それまで通っていたお馴染みさんとは異なる、新しい客層がメインとなってくるはずです。
『仕事って、自分のためにするものじゃないんです。自分のためだけだと苦しくなって、結局行き詰まる。人のためにやるから頑張れるんです。』
京都府出身の映画監督で、沖縄を拠点に活躍中の中江裕司氏による名言です。「パイナップルツアーズ」で商業映画へのデビューを果たし、日本映画監督協会新人賞も受賞しました。「白百合クラブ東京へ行く」「ホテル・ハイビスカス」「ナビィの恋」など、沖縄を舞台にした作品を精力的に撮っている監督です。自身の功名心のために仕事をしようと思っても、そうそうモチベーションは湧かないものですね。そのような際、日々支えてくれる家族の顔を思い浮かべたり、クライアントが喜んでくれる姿を想像したりすると、意外とキツい局面でも乗り切れてしまったりします。

恋愛に効く映画の名言(英語・日本語)

gettyimages (34725)

最後は、恋愛について語った俳優や映画監督の名言を、日本語・英語を問わず2本紹介します。
『周りの意見なんてどうでもいい。生きていくのは自分なんだから。』
全米映画・TV監督組合(DGA)所属の映画監督、北村龍平氏による名言です。代表作には、フィラデルフィア国際映画祭観客賞を受賞した「あずみ」や、「ゴジラ FINAL WARS」などがあります。恋愛なんて本来は主観とエゴのカタマリな訳ですが、日本人の恋愛は、どうしても他人の視線・評価を気にしすぎるきらいがありますね。その恋愛を選んだ結果、幸せになるのも不幸になるのも、究極的には自分自身です。周りの視線や意見で怯むようなら、それは本物の恋愛ではないのかも知れません。
『Who you are very stylish girl. That we end stylishly.(君はとっても粋なコだよ。だから、粋な別れにしよう!)』
1961年のブレイク・エドワーズ監督、オードリー・ヘプバーン主演による洋画「ティファニーで朝食を(原題:Breakfast at Tiffany’s)」の中で、ジョージ・ペパードが演じたポール・バージャクによる名言(迷言?)です。男女間の別れも粋を心掛けたいものですが、現実はそうそう甘くありません。今の時代から見れば、身勝手な男性の言葉のようにも感じます。映画の名言そのままで、日本人の彼女に使うのはリスキーかも知れませんね。それでも、綺麗な最後は目指したいものです。
gettyimages (34718)

Kenneth S

Kenneth S

総合商社のIT戦略担当からIT系ベンチャー企業の経営補佐などを経て、現在は海外在住の個人投資業。時折、物書きもしている。

元のページを表示 ≫

関連する記事