富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

【投資のヒント】決算後に複数の目標株価の引き上げがみられる12月決算銘柄は

4月下旬からスタートした12月決算企業の第1四半期決算発表も今月中旬に終了し、それから2週間程度が経過しました。したがってアナリストによる業績や目標株価の見直しもある程度進んだと思われます。そこで今回はTOPIX500採用の12月期決算銘柄を対象に決算後に複数の目標株価の引き上げがみられるもの(足元の株価を上回るもののみ対象)をピックアップしてみました。

投資のヒント
(画像=PIXTA)

そのなかでも目標株価の引き上げが目立ったのが中外製薬(4519)で、第1四半期の営業利益が前年同期比2割増の大幅な増益となったこともあって決算発表後に5社が目標株価を引き上げています。また、大塚商会(4768)や協和発酵キリン(4151)、ネクソン(3659)、資生堂(4911)でも3社が目標株価を引き上げたほか、花王(4452)やサントリー食品インターナショナル(2587)、クボタ(6326)でも決算発表後に2社が目標株価を引き上げています。

決算発表後に2社以上が目標株価を引き上げた12月決算銘柄
(画像=マネックス証券)

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク マネックス証券より】
ほぼ変わらずもユーロのショート上乗せでドルのネット・ポジションは若干増加
7月発表の4-6月期決算がどうなるか見極めたいという空気が強い。下げ止まりがみられるかが重要。
買い材料に乏しく上値は重いが下値もまた限定的 中国の5月製造業PMIに注目
トランプ氏的健康長寿を楽しむために
大手銀決算後の投資戦略:配当利回り4%台後半はさすがに異常値。長期目線で保有