富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

【投資のヒント】市場の期待を大きく上回る結果を残した銘柄は

10月下旬からスタートした3月決算企業の中間決算発表も11月中旬に終了となりましたが、日本経済新聞の集計によるとこの上期は経常利益が12%余りの二桁増益となったようです。このように上期業績が好調な結果となるなか市場の期待を大きく上回る実績を残した銘柄も幾つかみられます。

投資のヒント
(画像=PIXTA)

そこで今回はTOPIX500採用の3月決算銘柄を対象に利益の上期実績がコンセンサス予想を1割以上上回った銘柄をピックアップしてみました。そのなかでも目立つのが医薬品株で、武田薬品工業(4502)や塩野義製薬(4507)、エーザイ(4523)、第一三共(4568)などがコンセンサス予想を大きく上回る上期実績を残し、エーザイの上期の営業利益の実績はコンセンサス予想を4割以上上回っています。

上期実績がコンセンサス予想を1割以上上回った主な3月決算銘柄
(画像=マネックス証券)

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク マネックス証券より】
平成最後の年末は日経平均3万円への途上
GRI再点灯で安全通貨である円がロングに転換
守備の意識を高めながら2019年に注目したい銘柄とは
2019年展望:資金の流れが変わり、日本は消去法で選ばれる
セリング・クライマックスが近い