富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

【マネックス証券・広木隆】今週のマーケット展望(2019年2月18日配信)

米中通商協議の進展期待などでリスク回避ムードは緩和 日経平均は2万1000円の大台固めへ

マーケット展望
(画像=Thinkstock/GettyImages)

先週末シカゴCMEの日経平均先物は前日比220円高の2万1210円で引け、大取終値を310円上回った。週明けの東京市場でも日経平均は2万1000円の大台回復で始まるだろう。今週はこの大台固めの週となろう。

先週、北京で開催した米中貿易協議をワシントンで続けることになった。米中両首脳からも協議が進展しているとのコメントがあった。この材料でNYダウ平均は大幅高となり約3ヶ月ぶりの高値に戻した。昨年10月初旬の高値から急落した分の8割超を取り戻している。日経平均はその半分も戻ってない。出遅れ修正が一気には進まないとしても、為替も円安基調になっていること、米中貿易協議の進展期待、決算発表一巡と日本株が戻す投資環境は整いつつある。

今週はスケジュール面では相場材料に乏しい。重要なものは20日に公表される1月29-30日開催分のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨くらいだが、「利上げ停止」はすでに市場に織り込まれてしまっており、いまさら議事要旨で市場の見方を変えるような材料が出るとは思えない。

今週に材料が少ないということは、これまでのトレンドが緩やかに継続する、というシナリオの蓋然性が高い。米国株に牽引されながら日本株も緩やかな戻り歩調を辿るだろう。

予想レンジは2万1000円~2万1500円。

広木隆広木 隆(ひろき・たかし)マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
上智大学外国語学部卒業。国内銀行系投資顧問。外資系運用会社、ヘッジファンドなど様々な運用機関でファンドマネージャー等を歴任。長期かつ幅広い運用の経験と知識に基づいた多角的な分析に強み。2010年より現職。著書『9割の負け組から脱出する投資の思考法』『ストラテジストにさよならを』『勝てるROE投資術


【関連リンク マネックス証券より】
タイミング決算集計速報 最終版 14日の決算発表は弱気相場の象徴が反転の兆し手軽にすぐできる!気になる企業の決算確認2つのポイント今後の相場展望