富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

「部下から好かれるリーダーを目指すなら「育て上手」になろう」

リーダーには、自己管理・マネジメントなど、あらゆるスキルが求められます。なかでも部下から好かれるリーダーは職場の評価も高く、人間関係をうまく築けることは重要な資質といえます。今回は「育て上手」をポイントに、女性リーダーに重要な資質について見ていきます。

Business Computer Office · Free photo on Pixabay (27162)

2018.12.25
円滑に仕事を進めていくうえで、誰しも良好な関係を築きたいと思うもの。女性リーダーにとって「部下との関係性」は、職場での悩みのひとつにあげられるほど気になるポイントです。できれば部署内の部下と風通しのよい職場環境のなか、いい仕事をしたいですよね。

今回は、女性リーダーが部下から好かれるポイントについて解説していきます。

女性リーダーは部下の変化を見逃さない!目配り・気配りがポイント

Adult Group Meeting · Free photo on Pixabay (27025)

女性リーダーの特質として、ものごとを多角的に見る細やかさがあります。相手のちょっとした変化に気づくのも女性ならではの目配り・気配りが功を奏しています。たとえば、風邪などの体調不良やちょっとしたトラブルでの焦りなど、ささいなことにも気づけるのは大きな長所です。

それぞれの部下にマッチした仕事の割り振りを

毎日部下の仕事ぶりやしぐさなどを見ていると、それぞれ個性があり、さまざまな特質を兼ね備えていることに気づくでしょう。たとえば同じ部署で仕事をしていても、さまざまな業務を分担しているはず。可能であれば、できる限り個性にマッチした仕事の割り振りをすることがおすすめです。
公正・公平であることは最低限守るべきなので、ひいきをすることを勧めているわけではありません。しかし、人にはそれぞれ「向き・不向き」があるのは自然なことです。みんなが気持ちよく仕事をするには、極端に不公平にならない程度に「適正がある・向いている仕事」を割り振ってみましょう。
部下は、女性リーダーの仕事の割り振りに対して「自分の良さや持ち味を理解してくれている」と、好意的に感じる場合も多いのです。相手に「この人と一緒に仕事をしたい」と思わせられる女性リーダーは、企業にとって・部下にとって大きな魅力を持つ優秀な人材と認められるでしょう。

理想の女性リーダーは「結果」だけでなく「過程」も評価

理想的なリーダー・指導者・経営者は、結果だけにとらわれることはありません。まずどういう計画を立て、その後どういった過程を経て最終的な結果に至ったのか、すべてを大切にします。
理想の女性リーダーを目指すのであれば、各業務における成果だけでチームおよび部下の評価をしないことです。大きく成果があがったのであれば、過程においてどの点が良かったのかを判断し、部下を評価・褒めるようにしましょう。
思ったような成果があらわれなかった場合には、叱るのではなく、なにが問題だったのかをふり返り、考える時間を与えます。そして自分で問題点を見つけ出したうえで、女性リーダーは「今回はだめだった」と決めつけるのではなく、「ここはとても良かった」というポイントを評価するといいですね。

部下はこうした評価を経て、大きく成長するきっかけにつながります。「育て上手」な女性リーダーになるべく、過程に対する評価にも注目してみましょう。

部下の特性を見ながら適切な「責任」を与えよう

Financial Analytics Blur · Free photo on Pixabay (27044)

部下には、さまざまなタイプがあります。職場・仕事に対して責任を持たせることで、より花が開く場合とその逆があります。部下の性格や特質を判断したうえで、必要な「責任」を与えてみましょう。
たとえば部署内の教育係、プロジェクトリーダーなど、女性リーダーの次のポジションとなる場所に配置し、将来のリーダーの資質を学び、磨くための実践を積ませていきます。リーダー職やキャリアアップを目指している部下にとっては、大きなやる気を与えることになり、企業としてもリーダーを育成できる女性リーダーとして認められます。
リーダーともなると、ついつい自分がリーダーなので部下をリーダー職に育てる必要はない、育てるという感覚は薄れてしまいがち。しかし、女性リーダーを将来のお手本として努力している部下のため、次の担い手を育てていくことで、部下との関係が良好なものになっていくことでしょう。


湊音

湊音

元総務・人事キャリアを持つフリーライター。これまでの経験を活かし、「仕事」「働き方」などのテーマを中心に執筆活動中。女性がのびのびと多様な働き方を実現できるべく、常に新しい情報をキャッチしています。

元のページを表示 ≫

関連する記事