富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

「死んだら愛犬を一緒に埋葬してほしい」飼い主の遺言に従って、元気な犬が安楽死させられる。

アメリカ東部のバージニア州で、「死んだら愛犬を一緒に埋葬してほしい」という故人の遺言に従い、健康状態にあった飼い犬が安楽死させられた。アメリカのメディアが5月23日、相次いで報じた

飼い主の遺言に従い、健康な状態にも関わらず安楽死させられたエマ。

CNNによると、安楽死させられたのは、故人が生前飼っていたシーズーの雑種犬・エマだ。

エマは、飼い主が亡くなった後の3月8日、同州のチェスターフィールドにある動物保護施設に預けられた。

そこから2週間、保護施設は、エマであれば里親が簡単に見つかるだろうと、遺言執行者と交渉し続け、エマを譲り受けた上で、里親を探したいと申し出ていた。

しかし、遺言執行者は3月22日にエマを引き取るため同施設を訪問。保護施設は再びエマの譲渡を願い出たが、遺言執行者はこれを拒否。

その後エマは地元の動物病院へ連れて行かれ、そこで安楽死の処置が行われたのち火葬された。エマの遺灰は、遺産管理人の元に返された。

ペットと一緒に埋葬 アメリカでは州ごとに可否が異なる

アメリカでは、飼い主とペットを一緒に埋葬することができるかについては、州によって異なる。

今回エマの安楽死が行われたバージニア州では2014年、墓地会社が飼い主とペットの合同埋葬区画を設けることが認可された。

しかし、これらの埋葬区画は場所を明確に示すことが条件で、同じ空間に人とペットを埋葬することは認められていない。

アメリカでは、これと同様の法律が、ペンシルベニア州、ニューヨーク州、ニュージャージー州に存在する。

飼い主の遺骨をペットの墓地に埋葬したり、ペットを飼い主と一緒の家族の墓地に埋葬することを認めている州もある一方で、それらを全面的に禁じている州もあるのが現状だ。

アメリカ獣医師協会は、バージニア州の法の下で、資格を持つ獣医師らが動物に安楽死の処置を行うことを認めてはいるが、健康状態にある動物に安楽死の処置を施す獣医師を見つけるのは簡単ではないかもしれない。

この問題に関して、ネット上では、「元気なペットを安楽死させるなんて信じられない考えだ」「こんなことは2度とあって欲しくないです」などと、否定的なコメントが相次いだ。