富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

「歌姫ってなんなん」宇多田ヒカルさんがきっかけで著名人に広がる「なんなん」の輪

左から宇多田ヒカルさん、吉田沙保里さん、ROLANDさん

歌手の宇多田ヒカルさんが、2月15日に「歌姫ってなんなん」とツイートしたことを受け、「○○ってなんなん」というツイートが、芸能界やスポーツ界などで徐々に反響が広がっている。

元レスリング選手の吉田沙保里さんは、「霊長類最強女子ってなんなん」とツイートした。

この流れを受け、ホストのROLANDさんは「現代ホスト界の帝王ってなんなん」、タレントで5児の父でもあるつるの剛士さんは「イクメンってなんなん」と、それぞれツイートした。

メディアによって付けられたイメージや肩書きにチクリと物申した形だ。一方、状況がやや異なるのが、「百獣の王」を「自称」するタレントの武井壮さん。自身が「百獣の王ってなんなん」と呟いたことには様々な反応があった。

このツイートに関しては、「お前が自分で名乗ってるだけだろ」「あなたがそれを言ったらおしまい」などと真っ当な返信が相次いでいて、武井さん本人もその後のツイートで「自分で言っといてなんなん!!なんだけど!!笑笑」と反応していた。

芸能界をはじめ、各界に広がる「○○ってなんなん」の輪。自分の存在を改めて見つめ直すきっかけのムーブメントとして、さらに広がりを見せるのだろうか?