富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

「急な出張でコンサートチケットが無駄に……」などに備える変わり種のミニ保険8つ

少額の掛け金で短期間利用できる「ミニ保険」が、5年連続で2桁の成長を記録し、2018年度には総売上高が1,000億円を突破しました(日本少額短期保険協会調べ)。

近年は、「こんな保険が欲しい」という消費者の声に応え、ペット保険から、スマホ破損、旅行やコンサート、結婚式のキャンセル、アウトドアスポーツの遭難レスキュー費用など、ユニークでバラエティに富んだ商品が続々と登場しています。

昨今、ミニ保険は小額かつ、ニッチなニーズまで叶えているものが多くあり、注目度がますます増しています。

より身近な安心をサポートする「ミニ保険」

変わり種,ミニ保険
(写真=njaj/Shutterstock.com)

生命保険文化センターの「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」によると、個人年金保険を含む生命保険の世帯加入率は88.7%、医療保険の加入率は88.5%と高水準を維持しています。しかし、経済的な理由や手続きの煩わしさからか、10%以上の人が加入していません。経済的な余裕があっても、「大きな病気や事故に遭わなかったら、高額な保険料がもったない」という人もいるでしょう。

ミニ保険は、「人生における万が一の事態」に備えた商品という、既存の保険に対するイメージを一新し、「より身近な出来事に対して、誰でも気軽に保険を掛けられる商品を提供する」というコンセプトから生まれました。

ミニ保険にも、死亡保険や医療保険、自動車保険といった、従来の保険分野をカバーする商品が多数ありますが、商品によっては保険料が毎月数百円と格段に低く、保険期間が1年未満(損害保険は2年)と短期に設けられている点が特徴です。また、オンラインで簡単に契約できる手軽さも人気の秘密でしょう。

消費者が注目するユニークなミニ保険8つ

多様化する消費者ニーズに対応した、ユニークなミニ保険を8つご紹介します。

1 大切に扱うほど保険料が低くなる!スマホ保険

盗難や水没、画面割れ、故障の修理費用を補償するスマホ向け保険は多々あれど、「スマホ保険」(Just In Case)のように、機種を大切に扱うことで保険料が最大3割引きになるという、ユーザー参加型の保険も登場しています。

2 急な予定の変更に、チケット・旅行費用保険

急な出張や病気、事故、交通機関の遅延などで、コンサートや旅行に行けなくなった――そんなとき、「チケットガード」や「トリプルキャンセル」(共にAWPチケットガード少額短期保険)なら、チケット代や旅行費用を補償してくれます。チケット代含め、コンサートは全体の金額が高額になりやすいので特定のアーティストのコンサートや、音楽フェスティバルによく行く人は必見です。

3 「二人の幸せなスタート」をサポート、結婚式総合保険

結婚式総合保険の「佳(よ)き日のために」(あそしあ少額短期保険)は、結婚式の中止・延期によるキャンセル費用や違約金から、式場の備品や設備、貸衣装の修理費用、新郎新婦の入院、式場で急病に見舞われた参列者への見舞金まで、さまざまな「万が一の事態」に備えています。

4 満員電車も怖くない?痴漢冤罪弁護士費用保険

満員電車の中で痴漢に間違われた――電車通勤している人にとって、そんな悪夢のような出来事は決して他人事ではありません。「痴漢免罪ヘルプコール付き弁護士費用保険」(ジャパン少額短期保険)は事件発生後、即座に弁護士に相談でき、相談費用がカバーされる、冤罪から身を守るための保険です。

5 患者と家族の心の負担を軽くする、がん保険

日本人の死亡原因第一位である「がん」は、診断された本人にとっても、闘病生活を支える家族にとっても不安でいっぱいです。「医師が考えたシンプルながん保険」(医師が考えた少額短期保険)は、がんと診断された時点で保険金の一部が支払われ、死亡時には手厚い保証がおりるなど、経済的、精神的な負担を少しでも軽減できるよう、配慮されています。

6 ペットの将来を保証する、ペット保険

ペットは家族の大切な一員です。飼い主に万が一のことがあったときに備え、残された人間の家族と同じように、将来を保証してくれる保険が「ペットのお守り」(アスモ少額短期保険)です。飼い主の入院から障害、死亡まで、幅広いカバー範囲で、ペットと家族のその後の安心を保証してくれます。こちらは、公式HPで簡単見積もりをするのがオススメです。

7 アウトドア派のお守り、レスキュー費用保険

登山やスキー、釣りといったアウトドアスポーツの遭難救出費用は、警察から要請された民間ヘリコプターの運搬や救助隊の費用など、非常に高額にのぼるケースも想定されます。遭難の原因を問わず、高額なレスキュー費用を補償してくれる「レスキュー費用保険」(日本費用保証少額短期保険)に加入しておけば、万が一の経済的リスクを心配することなく、アウトドアスポーツが楽しめます。

8 家主向け死亡事故保険

賃貸住宅での自殺や孤独死、殺人事件といった事故が増加傾向にある近年、家主は不幸な事故に心を痛める一方、故人に貸していた物件の回復費用や家賃の値下げなど、損害の発生に頭を悩ますことになります。「無縁社会のお守り」(アイアル少額短期保険)は、こうした経営リスクをカバーしてくれるミニ保険です。

数百円から手軽にできるミニ保険で安心を

保険は今まで、高額なイメージがありましたが、最近ではワンコインでできるミニ保険も多く提供されるようになりました。収入と加味して無理せず加入できるのが、嬉しいポイント。他にも色々な種類のミニ保険がありますので、自分のニーズを満たしてくれる、ミニ保険を探してみてはいかがでしょうか。(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
年収1,000万円超の独身男性が「自分の楽しみ」のために購入している5つのもの
バフェットが90%これに投資してOKとまで言った魔法銘柄!S&P500連動ETFの魅力
「年収2,000万円」止まりの人と、その上にいく人の違い
日本の「上流階級」が人生100年時代とともに減少する理由
死ぬまでに行きたい世界の絶景!ランペドゥーサ島の魅力