富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

「僕も2人の子どもの父親だから…」大リーグで選手の打球が少女を直撃。ショックで泣き崩れ試合が中断

米・大リーグ、ヒューストンで5月29日に行われたアストロズ対カブスの試合中、球場全体が一瞬静まり返る悲劇が起きた。

カブスのアルバート・アルモラJr.選手が放った打球が、観戦していた少女に直撃。これを見た同選手はショックで号泣し、試合は一時中断した。CBSなど海外のメディアが、5月30日報じた

打球が少女に直撃した後に打席で膝をついて号泣するカブスのアルバート・アルモラJr.選手(写真右)と同選手を慰めるチームメイトのジェイソン・ヘイワード選手(写真左)

CBSによると、悲劇が起きたのは、4回表のカブスの攻撃。打席に立ったアルモラ選手が放ったファールボールが4歳の少女に直撃した。

打球が少女に直撃した事に気づいた同選手は、その場で立膝をついてショックで泣き出してしまい、チームメイトのジェイソン・ヘイワード選手に慰められた。

打球が直撃した少女はすぐさま病院に運ばれた。意識があるものの、怪我の内容は明らかになっていないという。

当時の打球の速度は公表されていないが、米・大リーグで導入されている選手の打球の速度などを分析する「スタットキャスト」と呼ばれる装置によると、最低でも時速90km/hはあったと報告された。

打球が直撃した少女を抱きかかえる家族と見られる男性と、事態に驚く観客たち。

「僕も2人の子どもの父親だから...言葉が出ない」

 ゲーム終了後、アルモア選手はインタビューにこのように答えた。

「打った瞬間、まずはじめに目に飛び込んできたのが彼女だった。今はただ、祈ることしかできない。言葉が見つからないんだ。僕も、2人の子どもの父親だから...」

「もしも神様が許してくれるならば、私は残りの人生をかけて少女と向き合っていきたい」

ショックで涙したカブスのアルバート・アルモラJr.選手。