富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

「不動産投資」始める前に必ず知っておくべきこと 寺尾恵介(不動産投資家/『満室経営新聞』編集長)

目指すゴールによって、やるべきことは全然違う!

不動産投資,寺尾恵介
(画像=THE21オンライン)

今はマイナス金利の時代。お金を銀行に預けていても、ほとんど利子がつかない。しかも、老後資金に不安がある。そんな理由から、不動産投資に興味を持つ人が増えているが、多額の資金が必要なだけに、二の足を踏んでいる人も多い。そこで、自身が不動産投資で成功し、多くの不動産投資家への情報提供も行なっている寺尾恵介氏に、不動産投資を始める前に知っておくべきことを聞いた。

不動産投資は早く始めるほどいい

同じ「投資」とは言っても、不動産投資は、株式投資とはまったく別物です。

株式投資では、株を安く買って、高く売り、売買差益を狙うのが基本です。

それに対して、不動産投資は、賃貸物件を購入して、その入居者から家賃を得るものです。

不動産は高額なので、多くの場合は、金融機関から借入れをして購入します。そして、毎月、ローンの返済をしながら、家賃を得る。その差額がプラスであれば、利益が出るわけです。

ですから、不動産投資で重要なのは、きちんと家賃を得られる物件を買うこと。もちろん、得られる家賃に対して購入価格が高すぎると利益が得られませんが、株のように「今、割安だから買おう」というものではありません。

不動産についても、「今は価格が上がっているから買い時ではない」というようなことを言う人もいます。しかし、価格が下がるのを待っていると、そのときには、銀行から融資を受けにくくなっている可能性があります。

不動産価格は、不動産を買いたい人に対して、銀行がどれだけ融資をするかによって上下します。

銀行が融資に積極的だと、不動産を買いたい人が増えて、不動産価格が上がる。逆に、融資に消極的だと、不動産を買う人が減って、不動産価格が下がるのです。

私のところに相談に来る人の中には、理想的な物件が出てくるのを待って、なかなか購入しない人もいるのですが、家賃を得られる期間が長ければ長いほど利益が大きくなるわけですから、理想的な物件を何年かあとに買うよりも、合格点を満たしている物件を早くから買うほうが、資産の拡大が早くなります。