富裕層・投資家の「今と先」を伝えるキュレーションサイト

「リスクヘッジ」と「リスクテイク」マンション投資に潜む不確定要素への対処方法

投資には"リスク"がつきものです。たとえば、安定して収益が得られるとされているマンション投資に関しても、「空室リスク」「震災リスク」「滞納リスク」など、さまざまなリスクがあります。とくに、正確に予想することが難しい"不確定要素"としてのリスクに対して、どのように対処するのかを考えておくことが、投資家には求められます。

ただし、投資というのはリスクがあるからこそリターンが得られるともいえます。むしろ、積極的にリスクをとらなければ、リターンを得ることもできません。その点をふまえたうえで、適切なリスクをとり、適切なリターンを得ていくことが大切です。重要なのはリスクの捉え方であり、リスクに対してどのような準備を進めていくのかということなのです。

「リスク」という名の不確定要素に対処するために

そもそもマンション投資をはじめとするあらゆる投資を行う際には、不確定要素としてのリスクがあることを意識しておかなければなりません。なぜなら、どんなに綿密な計画を立てたとしても、すべて計画通りに進むということはあり得ないからです。事実、背景としての状況が変わることもあれば、思いもよらないトラブルが生じることも少なくありません。

たとえば、マンション投資を行う際でも、「思いのほか入居者が獲得できなかった」「維持費が想定以上にかかってしまった」など、想定外の出来事は起こり得ます。それらは事前に予測できるものもあれば、予測できないものもあるでしょう。大切なのは、不確定要素があるという認識をもったうえで、状況に応じた対処ができるようにしておくことなのです。

リスクヘッジとリスクテイクの違い

不確定要素に対処するために重要なのは、「リスクヘッジ」と「リスクテイク」という発想です。どちらもリスクに関する言葉ではありますが、意味するところは明確に異なります。とくにマンション投資においては、リスクヘッジとして何ができるのか、あるいはリスクテイクとして何ができるのかを考えておくことが、投資の安定性につながることでしょう。

・マンション投資における「リスクヘッジ」とは

リスクヘッジ(risk hedge)とは「危険防止策」を意味し、何らかの危険や損失を回避・軽減するための行動を指します。たとえば、マンション投資の場合であれば、空室リスクを回避・軽減するために好立地の物件を選択したり、震災リスクに備えて火災保険や地震保険に加入したり、エリアの異なる複数の物件を購入したりするなどが挙げられるでしょう。そのように、あらかじめリスクを想定し、回避・軽減するための行動がリスクヘッジです。

・マンション投資における「リスクテイク」とは

一方でリスクテイク(risk taking)とは、あえて危険性(損失が生じる可能性)があることを理解したうえでの行動を指します。あらゆる投資にいえることですが、一定のリスクがあることを加味しつつ投資を行わないと、リターンは得られません。その点、リスクテイクという発想は、リターンを得るために不可欠といえるでしょう。問題は、どれだけのリスクをとるかということです。

・リスクヘッジとリスクテイクの最適なバランスとは

やみくもに大きなリスクをとってしまうと、損失もまた大きくなってしまいかねません。場合によっては、取り返しのつかない事態になってしまうこともあるでしょう。そうならないように、取れるリスクの許容範囲を確認し、不確定要素を回避・軽減できないか対応を検討しておくことが大切です。そのうえで、投資の目的やリターンの目標を明確にし、取れるリスクは積極的にとっていくことが求められます。

不確定要素を放置しないことが成功につながる

リスクヘッジとリスクテイクという考え方は、いずれも投資には欠かせないものとなります。不確定要素をそのまま放置するのではなく、「どのようなリスクを、どのくらいとるべきなのか」を判断し、投資していくことが大切です。不確定要素を認識したうえで投資戦略を立てることが、投資の成功確率を高めることにつながります。 (提供:マンション経営online


【オススメ記事 マンション経営online】
地方や郊外のアパート・マンション経営は大丈夫?注意点・リスクのまとめ
収益力をチェック!ワンルームマンションの利回りとは
これだけは知っておこう!「生命保険」と「不動産投資」の比較
要注意!地方物件と都心物件の経費率
「節税」「高利回り」で失敗した!陥りやすいマンション経営の落とし穴